鹿児島県北薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

外科

安全管理に関する基本的な考え方

  1. 1.当院では多くの委員会で事故防止などの患者様に対する安全管理を定期的に検討しており、それぞれマニュアルを作成しています。
  2. これに加えて外科病棟では多くの対策を立て、安全管理を行っています。
    病院は多くの患者様が入退院を繰り返し、それに伴い多くのご家族や見舞いの方々が来院されます。
    従って、感染防止の面からも病院は決して安全なところではありません。
  3. 安全な入院生活を送るには、患者様やご家族の協力が欠かせません。
    たとえば、感染防止のために、入院時には患者様やご家族の各病室での手洗いが必要です。
    医療従事者だけでなく、患者様やご家族のご理解やご協力で防止できることがあります。
  4. 一般的に病院における安全管理のための確認作業は、医療従事者間のみで行っていますが、当科では患者様やご家族のご協力の下で行うようにしています。
    これは、病院が安全なところではないという認識をして頂きたいのと、感染対策など患者様やご家族の協力が必要な欠かせないためです。
  5. 手術は、それぞれの術式の安全管理が確立しています。外科では指導医のもと、 Step by step に手術
    を完遂できるようにしていますので安全な手術が可能です。また、手術合併症などは、原因を精査し、減少するようにするように努めています。
  6. 術前の患者様に対しては、全身の機能評価だけでなく、栄養状態などのリスク評価を行っており、必要な場合は、機能改善のための治療や栄養改善などを行ってから手術などの治療を施行するようにしています。
  7. 医療の質の向上のために毎週定期的に他科とのカンファレンスを行っています。
    手術療法かそれ以外の治療かの決定は、外科医が決めるのではなく、このカンファレンスで話し合った結果を患者様にお話し、最終的には患者様の決定で行っています。
  8. 患者様の検査や治療方針の決定に必要なインフォームドコンセントでは、患者様やご家族に対し、わかりやすい説明を心がけています。
    検査や治療法の選択には、患者様の決定が必要ですので、決められた条件で適当な時期にご家族の同席のもとで、ご本人に病状の説明をしていきます。
 

このページのTOPへ