鹿児島県北薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

放射線部

業務案内と医療機器

主要医療機器
一般撮影装置(受像機:FPD) 2台
乳房撮影装置(PCM) 1台
骨密度測定装置 1台
X線TV装置(DRシステム) 1台
回診用X線撮影装置(ポータブル) 2台
1.5T MRI 1台
64列 MDCT 1台
2検出器ガンマカメラ(SPECT) 1台
血管造影装置 1台
ワークステーション AW:1台、AZE:1台
医用画像管理機器
RIS(放射線情報システム) 使用者の管理、照射録、統計、MWM(モダリティへの患者情報検査情報の送信)等を行います。
PACS(医用画像サーバー) 医用画像の保管と参照、電子カルテ、読影レポートへの貼付け持出し画像のCD-R作成、他院からの画像取込み等を行います。
遠隔読影診断支援システム  救急医療時のCT、MRIの読影レポートを他院の放射線科読影専門医師が作成し、診断の支援を行います。

一般撮影装置

一般撮影装置一般撮影装置一般撮影装置

 

一般撮影装置は、FPDシステムです。
17×17インチサイズFPDは立位・臥位で使用可能です。
また、ポータブル撮影用コンソール(ノート型)も有しています。
患者情報は、RISよりMWM接続で取得、画像はPACSへ転送します。画像持ち出しはCD(DVD)-R又は紙のみです。フィルムでの出力は行っていませんのでご了承くだい。

乳房撮影装置

乳房撮影装置乳房撮影装置

マンモ撮影装置(PCM)の受像器はCRシステムです。撮影の依頼窓口は外科外来で行っています。なお、放射線部では撮影枠は無く随時受付けています。
患者情報の取得、画像の保管・運用、画像の持ち出し等は一般撮影と同じです。

骨密度測定装置

骨密度測定装置骨密度測定装置

骨塩定量測定装置はDTX-200です。検査は前腕を約1分20秒程度スキャンして終了します。
検査は、随時受付けています。結果の出力は基本紙ベースですが、CD-R持ち出しも可能です。

X線TV装置

X線TV装置X線TV装置

X線TV透視台(DR)はWINSCOPE6000です。主にTBLB・胸腔ドレーン挿入・イレウスチューブ挿入・ERCP等に使用しています。

ポータブル

ポータブルポータブルポータブル

 

回診用X線撮影装置(ポータブル)はコンデンサー式1台とインバーター式1台の2台を有しています。受像器はFPDシステム(サイズは17×17インチ)です。画像は、撮影コンソールにおいてリアルタイムに参照できます。

1.5T MRI

1.5T MRI1.5T MRI1.5T MRI

 

MRI装置はMagnetom Symphony SYです。検査は、脳(MRA)、脊髄、腹部(EOB・MRCP)骨盤腔(前立腺・子宮・卵巣)、関節、軟部組等の撮像を行っています。予約枠は比較的余裕がありますので早い時期に検査が可能です。検査依頼は地域連携室を介して行ってください。
なお、読影レポートは、CT枠内に入ります。

64列 MDCT

64列 MDCT64列 MDCT

CT装置はVCT64です。脳血管障害(脳出血、脳梗塞)、呼吸疾患、急性腹症など急性期から慢性期まで全身の画像診断に使用します。また、放射線科読影専門医師が毎週水曜日(35件まで)と金曜日(15件まで)に来院し読影レポートの作成を行っています。この他、特殊撮影として冠動脈などの血管3D撮影も行っています。検査依頼は地域連携室を介して行ってください。

2検出器ガンマカメラ(SPECT)

RIブルズアイ

ガンマカメラ装置は、PHILIPS Bright Viewです。心筋症や心筋梗塞、パーキンソン症候群やレビー小体型認知症、全身の炎症や転移検索等の検査を行っています。検査依頼は地域連携室を介して行ってください。なお、心臓以外の読影レポートは、CT枠内に入ります。

血管造影装置

Angio装置血管造影装置の画像

血管造影装置は、PHILIPS FD20です。主に心臓の血管(冠動脈)造影や心電図・圧波計の測定(心臓カテーテル検査)に使用します。その他、ペースメーカ埋込みやポート挿入等を行っています。急性心筋梗塞の治療(PCI等)の実施は現在調整中です。

ワークステーション

AWAZE

グラフィックデザインに特化したコンピューターです。CTで撮影した2D画像(1mm厚以下画像数百枚)を三次元構築して多方向から立体的に観察することができます。AWは気管支鏡のバーチャルシミュレーションや脳血管の動脈瘤・狭窄・形状等の評価、AZEは冠動脈の狭窄や形状等の評価に使用しています。

 

このページのTOPへ