鹿児島県北薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

リハビリテーション部

医療機器

物理療法機器

干渉電流型低周波治療器 (Interferencial Current Therapy unit)

r1

概要 4000Hz前後の、周波数がわずかに異なる2つ以上の電流を同時に流し、生体内で生じる干渉電流で刺激を行います。皮膚抵抗が低いため不快な刺激が少なく、深部の神経や筋肉を効果的に刺激することができます。疼痛緩和や筋肉増強効果が高いため、広く用いられています。
効果 随意運動能力の促通、血流改善、痛み物質や老廃物を排泄、栄養の供給、局所症状。
(痛み)の改善、マッサージ効果。
適応 脳血管障害や脳性麻痺、脊損などの痙性の軽減、関節可動域の拡大、随意性筋力向上、廃用性筋萎縮の改善等に使用します。
禁忌 心臓疾患、ペースメーカ使用者、感染症、悪性腫瘍、有熱者、結核性疾患、血圧異常、急性疾患、極度の衰弱時、妊婦、幼児、または意思表示のできない人、血流障害の可能性がある場合。
極超短波治療器 (Microwave Therapy Unit)

r2

概要 極超短波(マイクロ波)を患部に照射すると、生体に吸収され、熱に変換され、組織を加温します。 照射アンテナを患部に向けて温熱治療をおこなうことができます。非接触で衣服の上からも治療が可能です。
適応 挫傷、捻挫、腱鞘炎などの外傷、関節リウマチの痛みやスパズムなど
禁忌 ペースメーカ等体内埋込み型医用電子機器を使用者。
人工関節等、体内に金属を埋め込んでいる者。
悪性腫瘍組織。 阻血組織。 結核患者。中等度以上の浮腫。
出血性部位または血友病患者。無痛覚の部位。目。成長期の骨端。
新生児、乳幼児、または、意志表示のできない人。妊婦もしくは妊娠が疑わしい場合。男性生殖器。炎症症状の強いとき。
神経痛の極めて急性の時期。
電動式ホットパック (Hot Packs)

r3

概要 伝熱のパックを患部に当て、伝道熱で温熱治療を行います。
効果 温熱効果
適応 疼痛(打撲や捻挫、脱臼、骨折、断端痛、関節リウマチ、変形性関節症、関節拘縮、関節周囲炎、変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰痛症、術後、筋肉痛、神経痛、神経炎等の痛み)知覚異常(多発性神経炎、片麻痺、顔面神経麻痺等の不快感やこわばり)
筋スパズム(肩こり等)、片麻痺等の痙直、浮腫
血行改善(レイノー病や末梢性運動麻痺等)など
禁忌 心疾患、感染症、有熱者、血圧異常、急性期疾患、悪性腫瘍、出血傾向のあるもの、循環不良部位、重度感覚鈍麻がある場合
牽引装置 (Traction Therapy unit)

r4

概要 腰椎又は頚椎を牽引することにより、椎間孔を拡開し、椎間関節を離開し、神経根を除圧します。また、椎間関節周囲の軟部組織を伸張し、マッサージ効果により循環を改善します。さらに、筋のスパズムを緩和するとともに、脊柱の軽度の歪を矯正するとされています。
効果 疼痛軽減、可動域改善、脊柱の矯正
適応 椎間板ヘルニア、椎間板変性・椎間関節障害・脊椎症、頸肩腕症候群、頸部から腰背部にかけての疼痛やこわばり、腰痛、坐骨神経痛
禁忌 脊椎の感染症(骨髄炎、脊椎カリエス、強直性脊椎炎など)。悪性腫瘍。急性の激しい痛みが伴う場合。骨粗鬆症、骨軟化症。心臓疾患、肺疾患。高齢者及び虚弱者。妊婦。幼児、または意思表示できない方。関節リウマチ。脊髄圧迫症状がある場合。
ハドマー(hadomer:空気圧式波動形末梢循環促進療法)

r5

概要 ハドマーは、局所にうっ滞したリンパ液を末梢から中枢へもみ送る装置です。ハドマーのカフは5つの空気室からなり、各空気室に適正な空気圧が波動状に供給されます。
これを波動マッサージ療法と呼びます。下肢におけるリンパ浮腫の治療や静脈血栓症予防の為の治療などに用いられ、静脈血行促進に対する効果をもたらします
効果 血液、リンパ液の循環促進
適応 浮腫、静脈血栓予防、下肢術後、乳がん術後など
禁忌 急性静脈血栓症・炎症性浮腫・化膿性疾患・皮膚疾患等・心臓や血管の疾患・
悪性腫瘍・発熱・妊娠中などの安静を要する人
 

このページのTOPへ