鹿児島県 県立病院局は、県民の「安心」のため、地域医療に貢献します。

後期研修プログラム

特色

県立病院群では、2年間の臨床研修を終了した医師免許取得後3~5年目の医師を対象に、5つの県立病院群の特色・医療資源を活かし、また鹿児島大学をはじめとする県内医療機関との連携による高度で専門的な研修を、安定した身分の下で受けることができる独自の研修制度を実施することとしています。
従来の内科系・外科系をはじめとする専門診療科単独のプログラムを提供できる体制は言うに及ばず、「離島・へき地診療所で一人勤務ができる」、「こどもから高齢者までのCommom diseaseはもちろん一次救急処置ができる」ことなどの具体的な研修目標を掲げた「総合診療科コース(離島・へき地医療中心)」(後述のA-3コース)も整備しています。
多くの医師が、鹿児島県の県立病院群が提供する「県立病院群後期研修プログラム」に参加されることを期待しています。
プログラムに関する相談には、医師である県立病院事業管理者、医療企画監が対応(面談)し、希望を聞きながらそれぞれの医師に適した研修プログラム、研修内容などについて一緒に考え、サポートしていきます。

対象者

医師法第16条の2に定める臨床研修を終了した者又は終了見込みの者で、新年度に卒後3年~5年目になる医師。

後期研修プログラム(基本プログラム)

全体について

この5つの県立病院群で展開する研修は、「スーツケース一つで移動できるフットワークのよい移動」もPRポイントにしています。5県立病院は、それぞれ空調設備・冷蔵庫・洗濯機等を完備した研修医のための宿舎を整備しています。

基本プログラムの例示

以下に基本プログラムを示しますが、研修期間は1~4年間を基本とします。(例示は、4年間のプログラムで示しています。)
プログラムの期間・内容については、個々の希望や事情を参酌しながら、オーダーメイドで対応します。
また、大学からの人事交流により1年ないし2年間派遣される方等についても、派遣元との調整の上、個々人に応じた研修を受けることが可能です。

A 複数科目研修型

A-1 内科系コース(内科認定医等の取得を目指すコース)

1年目 2年目 3年目 4年目
A病院内 内科系 B病院内 内科系 大学病院等 内科系 C病院内 内科系

※1:A~Cは5つの県立病院の中から選択できます(1年単位)。
※2:A~Cは連続して同一病院を選択することも可能です。
※3:3年目は、鹿児島大学病院等で内科系の研修を行います。
※4:内科系の内容には、臓器別内科をはじめ、一般内科、小児科、精神科、心療内科、放射線科、麻酔科、救急医療も含めます。
※5:特定の内科系診療科に限った研修を行うことも可能です。

 

A-2 外科系コース(外科認定医等の取得を目指すコース)

1年目 2年目 3年目 4年目
A病院内 外科系 B病院内 外科系 大学病院等 外科系 C病院内 外科系

※1:A~Cは4つの県立病院の中から選択できます(1年単位)。
※2:A~Cは連続して同一病院を選択することも可能です。
※3:3年目は、鹿児島大学病院等で外科系の研修を行います。
※4:外科系の内容には、小児外科、整形外科、脳外科等をはじめ、麻酔科、救急医療も含めます。
※5:特定の外科系診療科に限った研修を行うことも可能です。

 

A-3 総合診療科コース(離島・へき地医療の実践中心)

1年目 2年目 3年目 4年目
A病院 関係医療機関派遣 大学病院等 B病院or派遣

※1:A、Bは4つの県立病院の中から選択します(1年単位)。
※2:A、Bは同一病院を選択することも可能です。
※3:3年目は、鹿児島大学病院等で必要な研修を行います。
※4:A、B病院での具体的な研修は、本人の希望や医療到達度等に応じて、それぞれ個別にプログラムを定めます。
※5:2年目・4年目の派遣先は、へき地診療所、国保診療所、公的病院、地域の拠点病院等の中から選択します。

B 単一科目研修型

B-1 内科系A-1の※5に準ずる体制
B-2 外科系A-2の※5に準ずる体制
B-3 小児科(小児科専門医取得を目指すコース)

1年目 2年目 3年目 4年目
A病院内 小児科 B病院内 小児科 大学病院等 小児科 C病院内 小児科

※1:A~Cは3つの県立病院の中から選択できます(1年単位)。
※2:A~Cは連続して同一病院を選択することも可能です。
※3:3年目は、鹿児島大学病院及び関連病院で小児科の研修を行います。
※4:小児科の内容には、小児外科、産婦人科、麻酔科、救急医療も含めます。
※5:小児科に限った研修を行うことも可能です。

 

B-4 産婦人科(産婦人科専門医取得を目指すコース)

1年目 2年目 3年目 4年目
A病院内 産婦人科 B病院内 産婦人科 大学病院等 産婦人科 C病院内 産婦人科

※1:A~Cは2つの県立病院の中から選択できます(1年単位)。
※2:A~Cは連続して同一病院を選択することも可能です。
※3:3年目は、鹿児島大学病院及び関連病院で産婦人科の研修を行います。
※4:産婦人科の内容には、小児科、小児外科、麻酔科、救急医療も含めます。
※5:産婦人科に限った研修を行うことも可能です。

 

B-5 精神科(精神科専門医・精神保健福祉法指定医取得を目指すコース)

1年目 2年目 3年目 4年目
姶良病院 姶良病院 大学病院等 精神科 姶良病院

※1:3年目は、鹿児島大学病院等で精神科の研修を行います。

 

B-6 麻酔科(麻酔科専門医取得を目指すコース)

1年目 2年目 3年目 4年目
A病院内 麻酔科 B病院内 麻酔科 大学病院等 麻酔科 C病院内 麻酔科

※1:A~Cは2つの県立病院の中から選択できます(1年単位)。
※2:A~Cは連続して同一病院を選択することも可能です。
※3:3年目は、鹿児島大学病院等で麻酔科の研修を行います。
※4:麻酔科の内容には、救急医療も含めます。
※5:麻酔科に限った研修を行うことも可能です。

大学院入学の扱い

必要に応じて、後期研修医としての研修期間中においても、勤務しながら大学院及び大学院研究生入学が可能です。
また、研修終了後引き続き県立病院に勤務することを要件に、研修3年目以降には、県職員の身分で県立病院外での研修(国内外)をすることもできます。

研修終了後の進路

後期研修医としての研修終了後も、引き続き正規医師として勤務できる道を提供しています。
なお、正規医師としての勤務先は、後期研修を行った病院だけではなく、他の鹿児島県立病院も対象となります。

その他の扱い

医師免許取得後6年目以上になる医師で、県立病院群で何らかの臨床経験を希望される方についても、個々の希望に応じた内容の研修プログラムを受けることができます(委細応相談)。

待遇等

区  分 内  容
身  分 非常勤職員
研修期間 採用後1~4年
勤務時間 1日7時間45分、20日を上限とする。
給 与 等 月額51万6千円
有給休暇 非常勤職員の身分規程による。
選考方法 書類審査及び面接

研修プログラムの目的と特徴に戻る

 

このページのTOPへ