鹿児島県南薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

カプセル内視鏡をご存知でしょうか

カプセル内視鏡をご存知でしょうか

カプセル内視鏡に関する報道や記事をテレビや新聞で目にされたことはありませんか?
大きめのカプセル薬くらいの内視鏡を,ゴックンと口から飲み込むだけで消化器の検査ができる最新の医療機器です。(カプセル内視鏡のサイズ:外径11mm、全長26mm)

カプセル内視鏡システムは次の3つで構成されています

カプセル内視鏡システム
カプセル内視鏡システム

  1. 超小型カメラと撮影画像を無線送信する装置が組み込まれた内視鏡本体(カプセル内視鏡)
  2. 撮影画像を受診し記録する装置(データ受診記録装置)
  3. 画像データを解析し、医師が診断する装置
    (ワークステーション)
検査のおおまかな流れ

カプセル内視鏡
カプセル内視鏡

  1. データ受診記録装置を体に取り付けます。
  2. カプセル内視鏡を水と一緒に飲み込みます。(4時間後には軽い食事ができます)
  3. 検査中は日常の生活ができます。(詳細は医師の指示に従って下さい)
  4. 8時間後にデータ受診記録装置を取り外します。(約5万枚の画像が撮影されます)
  5. 後日、データ解析が終わったら医師から検査結果の説明があります。

 

※ 飲み込んだカプセル内視鏡は、排便時に自然に排出されます。

カプセル内視鏡のメリット
  1. 胃カメラや大腸カメラに比べて体への負担が軽減されます。
  2. 胃カメラや大腸カメラでは充分できない小腸の検査が行えます。
  3. 1秒間に2枚、約5万枚の画像を直接撮影するので鮮明な画像による診断ができます。
  4. 放射線を使用しないため被爆の心配がありません。
  5. 検査中も日常生活が可能です。(詳細は医師の指示に従って下さい)
検査にかかる自己負担額

カプセル内視鏡は、現在のところ、原因不明の消化管出血に対する検査が保険適用されています。
保険の負担割合によって異なりますが、3割負担の場合の目安はおおよそ30,000円前後です。

薩南病院は最新の医療をご提供できるよう常に努力いたしております。
薩南病院では、カプセル内視鏡による検査も実施していますので、お気軽にご相談ください。

 

消化器科ページへ

 
Powered by mod LCA
  • スタッフの募集
  • がん診療について
  • 松実会について~がん患者と家族の会
  • トピックス
  • 病院情報誌
  • モバイルサイトはこちらから

このページのTOPへ