鹿児島県南薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

松実会について

松実会とは

団体名 がん患者と家族の会「松実会(まつみかい)」
代表者名 福元 教子(ふくもと のりこ)
連絡先 〒897-1123 鹿児島県南さつま市加世田高橋1968-4 鹿児島県立薩南病院内
TEL.0993-53-5300  FAX.0993-53-6764
(総看護師長:吉元 恭代(よしもと やすよ))
活動実績 設立2007年 会員数/会員制ではなく自由参加
構成メンバー/患者・家族・医療関係者・ボランティア
会費/なし  定例会/あり
会報/『松実会便り』(月1回) 相談/対面
  • 設立の由来・会の紹介
    薩南病院の周りには大切に守り継がれた豊かな松林があります。松は常緑樹で新しい 芽が出て命のリレーを私たちに見せてくれます。そこから「松実会」と名付けました。
  • 目的
    がん患者と家族の交流のため定例会を持つこと。
    定例会は 毎月 第2木曜日 10時〜12時
    場所 薩南病院栄養指導室・ロビー・玄関・花壇など
  • 運営
    会長は患者代表者です。
    希望者が自由に参加できるように院内掲示や院外広報誌やホームページで開催をお知らせします。
    サポ-タ-はボランティアの方と職員、緩和ケアチ-ム員です。
    地域の方々にも協力いただいています。
  • 活動
    季節ごとのイベント(七夕づくり・クラリネットコンサート・砂像造り等)に患者さんや家族が集い、楽しい時間を過ごし語り合います。平成25年6月には地域の皆さんの御協力で「大きなかぶ」の砂像を造り,皆さんの目を楽しませてくれています。
    語り合いには緩和チーム員も同席し相談を受けます。
活動計画 「薩南病院 がん患者と家族の会 松実会」のとおり

「薩南病院 がん患者と家族の会 松実会」

・病気になって切なかったこと・病気になって見えてきたこと
・日々の生活で工夫していることや治療の悩みなど、どなたでも気兼ねなく語り合いませんか。
会のお手伝いを、院内の職員がさせていただきます。
語り合いのルールとして、会を通じて知り得た個人上情報については守秘義務がございます。

今年の松実会の案内:毎月第2木曜日・10時〜12時・院内

テーマ
4月 馴染みの歌をご一緒に
5月

タオル帽子作り&語り合い

6月 砂像作成&語り合い
7月 七夕つくり&語り合い
8月 お休み
9月 タオル帽子作り&語り合い
10月 ミニコンサート:クラリネット・フルート演奏
11月

フラワーアレンジメント&語り合い

12月 砂像作成&語り合い
1月 足湯
2月 ミニコンサート:ハープ・フルート演奏
3月 花見&語り合い

○どなたでも気兼ねなくどうぞお越し下さい○お待ちしております
連絡先 0993-53-5300 総看護師長室

 

このページのTOPへ