鹿児島県南薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

院長挨拶

mitue

新年度に向けて

 

 4月になり、ようやく春らしい気候になってきました。人事異動もおわりフレッシュな顔ぶれを迎え、また新たな気持ちでスタッフ一同今年1年を頑張っていくつもりです。どうぞよろしくお願いします。

 さて薩南病院のような地方の公立病院を取り巻く環境が厳しいことは、様々な機会に皆さんも耳にしておられることと思います。もちろん南薩地区も例外ではなく、人口減少、少子高齢化、医師不足、建物の老朽化など様々な問題を抱えています。また団塊の世代が75歳以上を迎えるいわゆる2025年問題については、昨年診療報酬と介護報酬の同時改定があり、国の施策として地域包括ケアシステムと連動して在宅医療を推進していくことが示されました。このような中、薩南病院に求められる役割は何でしょうか?その一つが、診療圏内で完結する急性期疾患への対応だと考えます。高齢化と共に増加する心筋梗塞などの循環器疾患、肺炎、肺気腫(COPD)などの呼吸器疾患、肝胆膵を含む消化器疾患、慢性腎不全に伴う人工透析、また今後も増加が見込まれるさまざまな“がん”に対する集学的治療など、最新・最適な治療が行えるよう今後も整備を進めていきます。二つめが地域包括ケアシステムの中での後方支援病院として役割です。在宅、介護施設などとの医療連携の中で、患者さんの状態が悪化した時や急変した時の受け入れ先としての機能を果たしたいと思います。また“がん”をはじめとする痛みやつらさをもつ患者さんの症状をやわらげる緩和ケアにも力を入れたいと思っています。その他、緊急な手術や処置が必要な救急患者の受入れ、また民間での対応が困難な災害拠点病院としての機能の充実(DMATの整備、資材・水・食料などの備蓄など)も当院が果たすべき重要な役割と考えます。

 いろいろ難しいことを書きましたが、病院は患者さんに来ていただかないことには始まりません。私たちは患者さんに喜んでもらえる、満足してもらえる、ありがとうねと言ってもらえる病院でありたいと願っています。そのためには質の高い医療を提供することが第一だと思います。もう一つは患者さんを大事にする患者ファーストの病院でありたいと思っています。先日、院内の朝礼でも紹介した天皇陛下のお言葉を示してこのご挨拶の最後にしたいと思います。職員一同この言葉を心に持ってみなさんの診療にあたります。

 “私は人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことを大切にしていきたい”

  

平成29年4月

                                                                                             鹿児島県立薩南病院 院長 三枝 伸二

 

このページのTOPへ