鹿児島県南薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

病院の沿革

昭和27年7月 県立薩南療養所として開設(結核75床)
昭和37年10月 鹿児島県市町村共済組合結核病棟買収(205床となる)
昭和38年5月 病床種別変更(一般30床・結核175床)
昭和50年6月 更生医療施設(人工腎臓)指定13床
昭和51年6月 救急病院指定
昭和51年6月 病院改築工事着工
昭和53年12月 新病院で診療開始,整形外科開設,名称を県立薩南病院と改称
昭和58年4月 小児科開設
昭和60年3月 CTスキャナー(全身用)設置
平成2年7月 外来部門等増改築
平成4年11月 人工透析室の増改築(15床)
平成5年11月 レントゲン,リハビリ室の増改築
平成7年2月 循環器X線診断装置設置
平成8年4月 放射線科開設
平成8年8月 病床数変更(一般155床・結核20床計175床)
平成9年3月 リニアック装置設置
平成9年4月 病棟再編成(4病棟→3病棟)
平成10年5月 外来患者院外処方箋発行開始
平成10年7月 厨房増改築
平成10年12月 放射線科外来改築
平成10年12月 適時適温給食実施
平成11年4月 新看護(2.5対1看護)基準適用
平成11年4月 感染症指定医療機関指定
平成11年4月 再診予約制の導入(内科外来)
平成13年4月 再診予約制の拡大
平成14年4月 循環器科,消化器科の標榜
平成14年7月 へき地医療拠点病院指定
平成15年10月 日本医療機能評価機構より(Ver.3)を認定さる
平成16年1月 ガンマカメラ装置設置
平成17年11月 全身用CT装置更新・マンモグラフィー設置
平成18年11月 新看護(10対1看護)基準適用
平成19年1月 地域がん診療連携拠点病院指定
平成19年7月 医師欠員による小児科休診
平成19年11月 多目的血管造影システム(アンギオ)更新
平成20年6月 日本医療機能評価機構より(Ver.5)を認定さる
平成20年7月 リニアック装置更新
平成21年3月 地域医療支援病院承認
平成22年4月 医師欠員による整形外科休診
平成22年4月 地域医療連携室設置
平成22年7月 新看護(7対1看護)基準適用
平成23年10月 電子カルテ導入
平成24年4月 DPC病院に移行
平成24年9月 がん化学療法室(外来)増築 8床
平成24年10月 薩南病院創立60周年記念式典開催
平成24年12月

鹿児島県災害派遣医療チーム指定病院の指定

平成25年10月 (財)日本医療機能評価機構の定める認定基準達成(一般病棟2)3rdG:Ver.1.0
平成25年11月 全身用X線CT装置更新
平成26年10月 県立薩南病院あり方検討委員会設置
平成28年3月 県立薩南病院あり方検討委員会の提言
平成29年3月 「県立病院第二次中期事業計画」策定
 

このページのTOPへ