鹿児島県姶良地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

医療機器

主な医療機器

県立姶良病院の主な医療機器の説明

生化学自動分析装置

生化学自動分析装置(検)

血清や尿を検体とし,試薬と反応させ,糖やコレステロール,タンパク,酵素などの各種成分の測定を行う装置。


多項目自動血球分析装置

多項目自動血球分析装置(検)

血液中の有形成分(赤血球,白血球,血小板)や白血球5分類など24項目に対して測定及び分析を行う装置。
白血球は半導体レーザによるフローサイトメトリー法で、赤血球数・血小板数はシースフローDC検出法で、血色素量はSLSヘモグロビン法でそれぞれ測定します。


PCR検査装置(検)

PCR検査装置(検)

新型コロナウイルスのPCR検査を約1時間に5検体検査可能です。


全身用X線CT装置

全身用X線CT装置(放)

X線管装置とX線検出器が患者の回りを一対になって回転し,360度方向から得られたX線のボリュームデータを収集。これらをコンピューター処理を行い任意の断面の画像を構成することが出来る。


デジタルX線画像診断システム

デジタルX線画像診断システム(放)

従来のX線写真法をデジタルシステムに置き換えたものであり,センター機能,画像表示機能,画像保管機能が別々の装置で実現されている。このため,患者の被曝低減や画質改善や計測等の画像処理が可能で,大量の画像データの保管が可能でいつでも過去に撮影した画像を取り出して見ることができ現在の画像と比較することによって診断に役立てることができます。


X線撮影装置

X線撮影装置(放)

X線を目的の被写体に照射し、透過したX線をイメージングプレート(IP)という媒体で受けてそのデジタル化された情報を画像化する。


生体情報モニタ

生体情報モニタ

主として入院中の患者や手術中の患者の状態を監視する装置。


m-ect_room

m-ECT室

パルス波治療器(サイマトロン)を使用して、m-ECT治療(修正型電気刺激療法)を行う部屋です。


パルス波治療器(サイマトロン)

パルス波治療器(サイマトロン)

一般的名称:痙攣療法用脳向け電気刺激装置定電流パルス波を通電し,うつ病及び難治性精神疾患の治療を行う装置。


 

このページのTOPへ