鹿児島県姶良地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

院長挨拶

yamahata

 当院は大正13年県立鹿児島病院精神科分院として設立され,昭和6年に独立して県立鹿児島保養院となり,平成4年に県立姶良病院と改称しました。
 県下で唯一の公立単科精神科病院として,平成16年6月より精神科救急情報センター設置,平成22年7月には,触法精神障害者に対応するため,医療観察法病棟の開棟,さらに平成25年4月に精神科救急病棟を開棟し,急性期精神科医療へ積極的に対応する一方,入院患者さんの地域移行・地域定着のため,リハビリ活動・デイケア・訪問看護の充実に努めています。また,教育・研修機関として,鹿児島大学医学部学生や看護学校等各種学校の学生の臨床研修病院でもあります。平成16年度から始まった新医師臨床研修制度では鹿児島大学医学部・歯学部付属病院,鹿児島市立病院及び県立病院群の協力型研修病院で,年間約20名の研修医を受け入れています。
 当院の理念は,玄関前の石碑に示す「安らぎと幸せを」で,これはドイツのローテンブルグにあるシュピタールバスタイ門の礎石にある「この門より歩み入る者に安らぎを、去りゆく人に幸せを」から引用したもので,精神科医療も斯くありたいという職員の思いが込められています。

 当院は県立病院として,県立病院事業第二次中期事業計画「新公立病院改革プラン」(平成29年~平成33年)に基づき,今後も公共性と経済性を両立させながら,鹿児島県の精神科医療の基幹病院として,高度・専門的な精神科医療を提供していきたいと考えています。

院長 yamahatamei

 

このページのTOPへ