鹿児島県北薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

リハビリテーション部

理念

医師の指示のもと、一人一人のリハビリテーションに責任を持ち、患者様が能力を最大限に利用することによって、その生活に満足できるように支援することを目指します。

ごあいさつ

仮上

  • 当院は地域の二次病院として「急性期医療」と「専門医療」の役割を担っていることから、入院患者様を対象とした急性期のリハビリテーションを主体に実施しています。
  • 主な対象疾患は、脳血管障害等の中枢神経疾患、呼吸器・循環器等の内科的疾患、外科の周術期であり、急性期及び可及的早期からリハビリテーションを行っています。
  • 自宅退院後も安心して生活が送れるよう、退院前訪問リハビリテーション指導を実施しています。
    また、介護保険制度の利用を含めた地域連携や、継続してリハビリテーション医療が必要な場合は、専門病院を紹介し、情報の提供に努めております
                                                                            

リハビリテーション技師長 仮上 康弘

実施時間

外来 小児の訓練のみ実施しております。(時間は個別に設定しています。)
入院 月曜日〜金曜日 8時30分〜12時、13時〜17時
  • 理学療法:主に基本的な動作能力、運動機能、日常生活動作の回復向上を目的として実施します。
  • 作業療法:主に日常生活動作、高次脳機能障害、上肢の運動機能の向上を目的として実施します。

職員数

理学療法士 4人
作業療法士 2人

リハビリテーション室のご紹介

リハビリテーション室

歩行や基本的な動きの練習を行う運動スペース、痛み等を和らげるための電気治療スペース、日常生活動作の練習を行う和室等があります。

屋外歩行練習場

屋外歩行練習場

リハビリテーション室から屋外歩行練習場へ出ることができます。自宅退院後を想定した屋外歩行練習等を実施しています。
また、ベンチ等も設置してあり、入院患者様の憩いのスペースにもなっています。四季折々の変化を楽しむことができます。

呼吸リハビリテーション

呼吸リハビリテーション

  • 主に慢性呼吸器疾患、外科周術期の患者様を中心に呼吸法、排痰法の指導、日常生活指導を行っております。
  • また、在宅酸素療法導入に必要な指導も行っております。
 

このページのTOPへ