鹿児島県北薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

看護部

理念

看護部の理念

「安全・安心 満足 納得」

私達は患者さんが安心して、満足した入院生活が送れますように、患者さんの気持ちを受容し、納得頂ける看護をめざします。

看護部の基本方針

  1. 知識・技術・態度の研鑽に努め安全で信頼される看護を実践します。
  2. 患者さんや、家族の気持ちに寄り添い温もりのある看護を実践します。
  3. 他部間と協働し、患者さんを中心とするチーム医療を推進します。
  4. 地域の保健・医療・福祉と連携を図り、看護の継続に努めます。
  5. 組織の一員として積極的に病院経営に参画します。

 

 看護部には常に患者・家族に寄り添い質の高い看護ケアの実践に取り組んでいます。

 鹿児島県立北薩病院には,4分野(感染・緩和ケア・がん化学療法・皮膚・排泄ケア)5名の認定看護師がいます。認定看護師を中心に各分野のコアとなる看護師の教育や,看護部教育委員会は,鹿児島県立病院の看護部教育理念に基づき,看護職の成長段階を踏まえ,学習ニーズや目標に即した教育プログラムを提供し,スキルアップ支援を行っています。

 また,病院の専門性機能の充実を図るために必要な能力獲得・維持・向上を図り,地域住民に信頼され選ばれる病院を目指し日々研鑽しています。

 

学会発表等の実績

 2013 日本看護協会老年学会(在宅酸素療法における呼吸体操の慢性閉塞性肺疾患患者への応用と評価)

 2014 日本環境感染学会学術集会(発見の遅れた肺結核発生事例における接触者検診を経験して)

 2015 日本看護協会管理学会・九州・山口医療マネジメント学会発表予定  

 

あいさつ

marume

当院を取りまく環境は,高齢化率の高い鹿児島県北部の伊佐市から湧水町,さつま町の一部を医診療圏としております。

「誠意と温かみのある優しい看護を提供します」の看護部目標のもと,患者・家族に納得,満足される看護の提供を実践していることころです。

疾患に加え認知症状のある看護を通し,患者個々の尊厳を考え意思決定支援にどの様に向き合い解決し地域に繋ぐか,地域の医療機関,行政,福祉等と考えなければならないことが多々ありますが,地域医療連携室を窓口として地域包括ケアシステムの充実に取り組む必要があると思います。

個人を尊厳した看護を提供するためにも、危険行動のある患者に関する対応についても多職種を交えたカンファレンスの強化を図り,看護部のみならず組織全体で「患者の尊厳」について取り組んでいきたいと考え,今年度より認知症看護委員会を設置いたしました。その中で事例検討を通して医療従事者個々の看護倫理に関する学びに活かされればと思います。

悪性腫瘍等の患者がその人らしく生活しながら治療の継続が出来る環境つくりにも地域と連携し在宅支援に散り組んでいきたいと考えています。

感染管理,がん化学療法,緩和ケア,皮膚・排泄ケア認定看護師4名が在職し専門分野での看護の質向上に貢献しています。

認知症ケア専門士も在籍しておりますが,認知症看護認定看護師養成へも取り組んでいければと考えています。

平成30年度は,診療報酬・介護報酬同時改定で医療機関を取り巻く環境は,在宅支援への移行が重視されています,私達看護職は,病気にだけ眼を向けるのではなく患者の背景にある問題を見逃すことなく安心して退院できる,退院支援に取り組んでいきます。

 

総看護師長 丸目まり子

 

部署紹介

看護部は4つの看護単位で運営しています。各部署を紹介します

外来

hara

特性:9診療科・救急・外来化学療法・内視鏡

外来は地域の中核病院として「急性期医療」「専門医療」「救急医療」を提供をしています。外来診療において、患者様が不安なく診療、検査、治療が受けられるよう患者様の立場に立った看護を目指しています。私たちは病院の顔となれるよう笑顔と思いやりのある対応を心がけています。 

副総看護師長(兼)外来師長 原 小百合

 

 

中材・手術室

sicyou

中央材料室、手術室は、病院全体の手術や処置で使用する器械・器具の洗浄・包装・滅菌を行い供給しています。また、診療材料の適正管理を目指し病棟ラウンドを行っています。患者様の安心・安全を第一に考えた周手術期看護を提供できるように努力しております。 

 

 

中材・手術室看護師長 屋 和代

3階病棟

小田 さゆり

 

病床数:60床(地域包括ケア病床26床、小児科12床含む)
特性:神経内科・内科・小児科・外科

3階病棟は神経内科・内科・小児科・外科の多種な疾患の患者様を受け入れており、患者様の日常生活の自立に向けて支援を行い、安心して入院生活を過ごすことができるよう看護の提供に努めています。特に地域包括ケア病床においては、呼吸疾患の患者様にあっては在宅酸素療法に向けた支援、脳梗塞・パーキンソン病等の患者様にあっては日常生活機能の回復に向けた支援をリハビリテーション部と協力しながら行っています。

 

 

3階病棟看護師長 小田 さゆり

4階病棟

sicyou

病床数:50床
特性:呼吸器内科・一般内科・循環器科・神経内科

4階病棟は呼吸器内科と循環器科の患者様が多いため、がん化学療法を行っています。患者様への日常生活の自立支援はもちろんのこと、心のケアと療養生活が安心・安全に送れるよう看護の提供に努めています。

 

 

4階病棟看護師長 田方 みどり

 

このページのTOPへ