鹿児島県北薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

薬局

あいさつ・業務案内

 ikeda

薬剤師5名が調剤業務をはじめ,患者さんへの薬に関する指導等各種業務を行っています。
また,各薬剤師は,感染制御,がん緩和ケア,栄養サポート,褥瘡対策,医療安全等のチームに所属し,多職種によるチーム医療の推進に貢献しています。

薬局長 池田 清治

調剤業務

処方箋に基づき,内服薬・外用薬等の調剤を行っています。
調剤の前には患者さんの検査結果,処方内容等を確認し,必要に応じて処方医に照会した後に調剤を行っています。
また,入院患者さんの薬には必要に応じて,1回毎に専用の容器にセットし,払い出しています。

注射業払い出し業務

入院患者様の注射薬については,1施用ごとに専用の容器にセットし病棟へ払い出しています。

抗がん剤無菌調製業務

ミキシング

薬局では,抗がん剤によりよる被曝防止のため,平成21年度から安全キャビネットを設置し,全ての抗がん剤注射薬のミキシングを行っています。
また,点滴投与の抗がん剤については,輸液によるプライミングを行い,抗がん剤によるリスクの軽減に努めています。
現在,各種のがんに対応できるように,72のレジメンを運用しており,レジメンの作成,運用,管理についても薬剤師が関与しています。

薬剤管理指導業務

患者さんの副作用防止,アドヒアランス向上のため,患者さんへの薬剤に関する指導を行っています。
入院患者さんだけでなく,化学療法や自己注射等を行う外来の患者さんへも随時行っています。

病棟薬剤業務

化学療法の有効性・安全性の向上,医療安全の確保,チーム医療への貢献等の目的で,病棟薬剤業務を実施しています。
各病棟に専任の病棟薬剤師を配置し,副作用のモニタリング,処方提案等を行っています。

医薬品情報管理業務

薬局内に「医薬品情報管理室」を設置して,医薬品及び安全性情報の収集管理を行っています。
また,得られた情報については,精査して院内の各部署へ情報提供しています。

薬学実務実習生の受入

平成22年度から薬学生の長期実務実習受入施設となっています。

 

このページのTOPへ