鹿児島県北薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

看護部

看護職員数

99名(平成30年4月現在)の看護職員(臨時職員を含む)がおり、3階病棟・4階病棟 外来・救急室・中央材料室・手術室の4セクションに配置しています。
4分野4名の認定看護師がおり、院・内外で指導・相談に関する業務を行っています。
また,臨床工学技師が2名おり、院内の医療機器の管理・メンテナンス・教育指導に関する業務を行っています。

認定看護師の紹介

shimoyama

皮膚排泄ケア認定看護師 下山 喜美代
ストーマ造設や褥瘡や失禁のある患者さんのケアに携わっています。褥瘡対策委員会の開催,褥瘡回診,病棟スタッフや患者さんへの指導や,院内外からの相談,地域の医療機関を対象とした研修会の開催を行っています。

 

 

yamanouchi

感染管理認定看護師 山之内 聡子
患者さんや職員を感染から守るため,安心・安全な医療や看護の提供を目指して,多職種でチームを作り活動しています。感染症発生状況の把握,針刺しなどの職業感染対策,院内外の職員向け研修や相談への対応などを行っています。

 

 

niidome

緩和ケア認定看護師 新留 咲子
がん患者さんは,がんと診断された時から,さまざまな苦悩や苦痛を体験しています。症状緩和を図りながら,がんとともに自分らしく生活できるように,他職種(緩和ケアチーム,地域の医療機関など)と協働して,「その人らしさ」を支えるケアに取り組んでいます。

 

福永さとみ

がん化学療法看護認定看護師 福永さとみ
がん化学療法を受ける患者さんとその家族に対し、安心・安全・安楽に治療が遂行できるように、支援してくことを目指します。
また、活動を通してスタッフのがん化学療法に関する知識と実践力を高め、チーム医療の充実が図れるように取り組んでいきます。
 

このページのTOPへ