鹿児島県北薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

看護部

キャリア支援

教育理念

  1. 看護職の成長段階を把握し、学習ニーズや目標に即した教育プログラムを提供し、キャリア開発を通して、質の高い看護の実践者を育成する。
  2. 病院の専門機能の充実を図るために必要な能力の獲得・維持・向上を図る。

教育目的

病院および看護部の理念に基づき、専門職として質の高い看護サービスが提供できる人材を育成する。

教育目標

  1. 患者の多種多様で複雑な健康上の問題に対処できる、看護職を育成する。
  2. 価値観が違う患者の個別性に対応できる、看護職を育成する。
  3. 得意とする自分の専門領域を持てる、看護職を育成する。
  4. 多様化する社会のニーズに対応できる、看護職を育成する。
  5. 医療経済を考慮し、効率性を踏まえた看護を実践できる、看護職を育成する。
  6. 専門職業人として役割を自覚し、チーム医療を実践できる、看護職を育成する。

教育体制

継続教育の位置づけ

教育体制

看護職員育成(クリニカルラダー・目標管理)

看護職員一人ひとりの能力や本人の希望するキャリアアップを支えるため、クリニカルラダーを取り入れ、レベル別研修を計画しています。また、ナース個々の目標管理の一環として、各部署の師長が全スタッフと面接し、スタッフそれぞれの目標達成を支えています。

クリニカルラダーとは

看護師の臨床実践能力を段階毎に示したもので、個人の実践状況をレベル毎の到達目標と照らし合わせることにより、現在の能力が確認でき、次に目指す目標を見いだすことができる

クリニカルラダーのレベル基準

ラダー名目標
ラダー1
【初心者 新卒看護師前期】

指導を受けながら看護実践できる。
卒後1年目の時期で、業務基準に沿いながら基本的看護ケアが実践できる。
職場への導入期であり、チーム医療にメンバーを自覚し、職場環境に適応していく時期でもある。

新卒ナース支援

新卒ナース支援

新人ナースには、入職時から計画的に研修を行い、知識・技術のステップアップをサポートしています。全職員が新人看護師に関心を持ち、暖かく見守り育て支援する環境を整えています。チューターシップを取り入れており、新卒ナース個々に応じた指導・サポート体制を提供しています。

ラダー2
【新卒看護師後期】
指導を受けながら夜勤ができる。
卒後2〜3年目の時期で、指導を受けながら、自己の健康管理に留意して夜 勤ができること、所属チームの複数の患者把握をして業務やケアの優先順位 を学ぶ。
リーダーやメンバーに報告・相談・連絡ができる。
ラダー3
【1人前看護師】
受け持ち看護師として看護実践でき日々のリーダーとして役割が発揮できる。
受け持ち患者の看護過程を展開し、看護問題の解決に向けてチーム医療として交渉ができる。
ケースカンファレンス等で先輩の協力を得ながら地域への連携を意識した発言と実践ができる。
固定チームナーシングでは、日々のリーダーの役割を自覚し、業務が自立してできる。
チーム目標を達成するために小集団活動のグループリーダーとして課題達成へのリーダーシップがとれる。
ラダー4
【中堅看護師】
固定チームリーダーとしての役割モデルが果たせる。
固定チームリーダーとしての役割が果たせるチームの中核ナースであると同時に質の高いケアの実践者である。
社会や医療の情勢について認識し、自己啓発を行いながら患者の立場に立つ看護を実践できる。自己の看護観を表現し実践できる。
ラダー5
【達人看護師(副師長・認定看護師)】
専門看護職として役割モデルになり専門性を発揮する。
専門看護職として役割モデルになり、専門領域の看護実践で成果を上げることができる。
認定・専門看護師の資格取得が望ましく主体的に行動し成果を 出せる。
新しい技術や知識の吸収に努力し、自己啓発を行いながら看護実践することができる。
後輩を教育的に育てるとともに職場作りの要となる。

専門看護師及び認定看護師の育成

感染管理認定看護師の資格を持つ看護師が1名います。
感染管理認定看護師として、院内外の研修会なども積極的に行い、実践・相談・指導の役割を果たしています。
今後も更なる認定看護師育成に向けて取り組みを進め、支援します。

看護学生の受け入れ

看護学校の実習施設(臨地実習)として、学生指導や看護学講座の講義を担当し、看護師の育成に積極的に関わっています。

 

このページのTOPへ