鹿児島県南薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

内科・総合診療科

内科

内科は、透析専門医2名、総合診療科医の2名、血液専門医(非常勤)で、循環器内科、消化器内科で診療する疾患以外の患者さんを診療しています。

血液専門は血液疾患を中心に、透析専門医は腎臓疾患を中心に一般内科を診療しています。

血液疾患

再生不良性貧血、赤芽球癆、骨髄異形成症候群、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、ホジキン病や非ホジキンリンパ腫のうちのB細胞リンパ腫、成人T細胞白血病・リンパ腫などの悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、特発性血小板減少性紫斑病など血液疾患を中心に診療しています。
血液疾患の診断に欠かせない骨髄穿刺は平成20年度計69回、平成21年度計65回、平成22年度54回、平成23年度57回、平成24年度32回、平成25年度42回施行しました。

腎臓疾患

血尿・たんぱく尿から腎不全まで"腎臓内科一般の診断・治療を行っています。

腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症などの全身疾患に伴う腎疾患の診断・治療、急性腎不全、慢性腎不全症例の保存療法から透析導入、循環器、消化器、外科などの種々の合併症のある透析患者の治療、各種血液浄化療法の実施:血液透析療法、血液濾過透析、腹膜透析療法、ECUM、血漿交換療法、エンドトキシン吸着などを施行しています。

スタッフのご紹介

oohashi
副院長(兼)内科部長
大橋 保

氏名 大橋 保
役職 副院長(兼)内科部長
所属学会 日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
認定医・専門医 認定内科医
認定医認定専門医
透析専門医
平成27年度実績
慢性維持透析導入患者数 18名
内シャント設置術 23件
内シャントPTA 13件

総合診療科

呼吸器領域を中心に内科一般を診療しています。

また、緩和ケア部門を担当し、癌の末期の患者さんの痛み・不安や気分の落ち込み等の緩和を行っています。

その他、地域医療支援機構の代診医派遣業務を行っており、南さつま市笠沙の野間池診療所等に、平成25年度は9日間の代診派遣を行いました。

氏名所属学会認定医・専門医専門分野
田中 裕之 日本内科学会
日本呼吸器学会
日本肺癌学会
日本プライマリ・ケア連合学会
総合内科専門医
プライマリ・ケア連合学会認定医
プライマリ・ケア連合学会指導医
臨床研修指導医
日医認定産業医
内科
堂福 慶吾      
山下 和

日本内科学会

日本透析医学会

認定内科医

内科

 

呼吸器関連の検査

気管支鏡検査件数 34件

呼吸器疾患(入院) 

原発性肺癌 90件
閉塞性肺疾患(COPD、気管支喘息等) 23件
びまん性肺疾患(間質性肺炎等) 24件
呼吸器感染症(肺炎等) 98件(うち肺結核 10件)

緩和ケア(入院)

癌末期(肺がんを除く,その他のがん) 14
 

このページのTOPへ