鹿児島県南薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

消化器内科

診療科のご紹介

胃腸疾患、肝臓・胆嚢・膵臟の病気など消化器全般の診療を行っています。
肝臓疾患は大学からの応援をいただいて専門外来も開設しています。

主な診療業務

  1. 内視鏡検査(上部・下部内視鏡検査)
    超音波内視鏡(EUS・FNA)
    胆管・膵管造影(ERCP)
    カプセル内視鏡 紹介ページ
  2. 内視鏡的治療
    消化管癌に対する診断と治療(EMR/ESD)
    消化管出血に対する緊急止血術
    消化管狭窄に対する拡張術やステント留置
    胆・膵疾患に対する治療(ドレナージ、排石、ステント留置)
  3. 消化器癌に対する化学療法
  4. 炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎)に対する治療
  5. 消化管透視(胃・大腸造影)
  6. ウイルス肝炎などに対する検査・治療(肝疾患連携拠点病院)

 

各種検査は原則予約制で行っていますが、急患の患者さんはその限りではありません。

消化器内科とは

消化器内科は消化管疾患(食道・胃・小腸・大腸)、胆膵疾患(胆嚢・胆管・膵臓)、さらに肝臓疾患まで幅広い領域の病気を扱います。常勤医の得意分野もありますが、当院は鹿児島大学消化器内科の専門医と連携し最新・最良の医療の提供に努めます。

 

消化管疾患では人間ドックによるスクリーニング検査の他、拡大内視鏡・特殊光(NBI)システムを導入しており、早期癌の発見および治療(内視鏡下粘膜下層剥離術:ESD)に取り組んでいます。

またその他の治療としては大腸ポリープ切除術、胃・十二指腸潰瘍や食道・胃静脈瘤などからの消化管出血に対する止血術も行っています。その他、術後や進行癌による消化管狭窄に対してはバルーン拡張やステント留置術を行っています。

また粘膜下腫瘍に関しては超音波内視鏡(EUS)や穿刺細胞診(FNA)を積極的に行い診断・治療の一助としています。

炎症性腸疾患に関しては、既存の治療で効果のない難治性の場合、鹿児島大学消化器内科と連携し加療を行っています。

 

胆膵疾患に関しては膵癌、胆管癌の早期発見に取り組んでいて、そのためには超音波内視鏡(EUS)が欠かせないものとなっています。特に膵癌の早期発見には健康診断での腹部エコーでの所見が契機になることが多く、膵管の拡張や膵のう胞、膵腫瘤を指摘された方はぜひEUSでの精査を受けていただきたいと考えています。

その他胆管・膵管造影(ERCP)関連として総胆管結石に対する排石術や結石・腫瘍による黄疸に対するドレナージも行っています。また最近では膵仮性のう胞に対する経乳頭的ドレナージやEUS下経消化管ドレナージも行っています。

 

消化管癌、胆・膵癌で手術適応のない方は評価した上で、入院及び外来化学療法を行っています。また当院は癌疾患拠点病院でもあり緩和ケアの認定看護師もいて、より質の高い医療の提供を目指しています。

 

肝疾患に関しては脂肪肝やB型およびC型慢性肝炎から肝硬変・肝癌まで治療を行っています。また鹿児島大学消化器内科と連携して肝臓専門医外来も開設しており、肝疾患連携拠点病院として地域医療に尽力しています。

スタッフの紹介

kozono
消化器内科部長
小薗 雅哉

氏名 小薗 雅哉
役職 消化器内科部長
所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
認定医・専門医 総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
がん緩和ケア研修終了
専門分野 消化器内科
氏名所属学会認定医・専門医専門分野
羽田 明生 日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会

認定内科医

緩和ケア研修会

消化器内科

診療実績

主な実績(平成27年度)

上部内視鏡検査(胃カメラ) 1,556
下部内視鏡検査(大腸ファイバー) 740
ポリペクトミー(胃・大腸) 144
超音波内視鏡検査(EUS) 205
超音波内視鏡下穿刺吸引生検法(EUS-FNA) 11
内視鏡的胆管膵管(ERCP) 74
上部消化管造影検査(MDL) 17
内視鏡的粘膜剥離術(ESD) 27
 

このページのTOPへ