鹿児島県奄美地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

奄美ドクターヘリのご紹介

「ドクターヘリ」とは,救急医療に必要な機器及び医薬品を搭載したヘリコプターで、
医師や看護師等が搭乗し、離着陸場所(ランデブーポイント)に向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、
患者に救命医療を行うことができる専用のヘリコプターです。

本県には、多くの離島があり広範な地域を対象とした効果的な救急医療体制の確保が求められています。

ドクターヘリの導入により、一人でも多くの県民の皆様の命が救われるよう円滑な運用に努めてまいります。

DSCN2133

鹿児島県立大島病院で待機するドクターヘリ

 

奄美ドクターヘリ 運航概要

運航主体 鹿児島県立大島病院
運航範囲 奄美地域及び十島村
運航時間 午前8時30分から日没まで

※悪天候で視界不良のときなど、出動できない場合があります。

離着陸場所

出動要請方法

消防機関などが鹿児島県立大島病院へ要請します。
※県民の皆様が直接要請することはできません。

基本的な流れ

現場で処置を行う『現場出動』と、病院間の搬送を行う『施設間搬送』を実施します。
現場出動における出動の流れの概要は、以下の図のとおりです。

運行スキーム

奄美ドクターヘリ 運航要領

運航要領(H28.11.14)

 

奄美ドクターヘリ リーフレット

pdfリーフレット

 

施設間搬送をご利用の医療機関の方へ

 

 

このページのTOPへ