鹿児島県奄美地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

救命救急センター

 

あいさつ

救命救急センター

石神 院長

 鹿児島県立大島病院の救命救急センターは鹿児島市立病院、鹿児島大学附属病院に次ぎ県内では3番目の救命救急センターであり、屋上にドクターヘリ用ヘリポート、2階にICU4床、HCU6床と1階の救急外来には手術室、80列CT、検査室などを備え、奄美保健医療圏11万人の救急医療の拠点として機能しています。

 さらに当院は2017年12月から運用された奄美ドクターヘリの基地病院です。 鹿児島大学医学部から派遣された救命救急科専従の救急医3名を中心に、心疾患、脳血管疾患、小児周産期疾患、急性腹症、高エネルギー外傷などの重症救急患者を各専門診療科医師のバックアップのもと、365日24時間体制で受け入れており、当センターの設立+ドクターヘリの運用開始により、奄美離島地域(喜界島、徳之島、加計呂麻島、沖永良部、与論、吐噶喇列島)の救急医療環境が大きく前進しました。

 当院はDMAT指定病院、災害拠点(地域災害医療センター)指定病院として災害医療に対応できる体制を整えております。さらに臨床研修指定病院、管理型臨床研修病院でもあり、鹿児島大学・自治医科大学をはじめとする多くの研修医、医学部学生の救急医療の修練施設として研修、実習、教育の場を提供しております。

 「鹿児島離島医療の最後の砦」として当センタースタッフは地域完結型の救命を目指して活躍しています。

 

鹿児島県立大島病院 院長 石神 純也

「連携」と「自助」の精神で。

あまみ救命

 鹿児島県立大島病院 救命救急センターのホームページをご覧いただきありがとうございます。当センターは、2014年に日本で初めて離島におかれた救命救急センターであり、奄美群島11万人の救急医療の拠点として位置づけられています。

 当センターの最大の特徴はその立地条件にあります。当センターは鹿児島市から約370km(直線距離で東京から京都まで)、那覇市から約300km(直線距離で東京から仙台まで)も離れており、「いかに群島内の救命率を向上させるか」をモットーに救急医療に日々取り組んでおります。その中で、我々が最も大事にしているキーワードは「連携」です。各科・各部署との連携、ドクターヘリを介した周辺離島・沖縄県・鹿児島県本土との連携、地域医療機関・消防との連携、人材を派遣して頂いている鹿児島大学病院との連携・・・。遥か洋上に浮かぶ離島の救命救急センターでは、皆様のご協力無くして群島内11万人の命を守れる
ものではありません。その一方で、「自らを助くる=自助」の精神も重要です。スタッフ一人一人が目標を持って救急科専門医のみならず各領域の専門医取得を目指しており、高度で良質な医療の提供を目指しています。

 奄美大島は年間降水量も東京の約2倍であり、ひとたび台風が上陸すると大きな被害をもたらす事があります。また、南海トラフ地震では最大で400名を超える死者も奄美大島では予測されておりますが、鹿児島県本土や沖縄からも遠く、容易に支援が得られる地理的条件にありません。そのため当センターでは、平時より「連携」と「自助」をキーワードに、積極的に当院災害派遣医療チーム(DMAT)と島内外の関係諸機関との訓練を開催し、多くの災害医療者を育成しており、一人でも多くの「離島での防ぎ得た災害死」を救命できる様、精進しております。

 今後とも前任者同様格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

救命救急センター長 髙間 辰雄

がんの救急医療提供体制について

 今や、日本人の2人に1人ががんにかかる時代です。当院でも奄美2次医療圏のがん診療連携拠点病院として多様ながんの診断や治療に携わっており、手術を受けられて定期的に外来受診されている方や放射線治療や抗がん剤治療を通院あるいは入院で受けられる患者さんなどが多くいらっしゃいます。
 近年、抗癌剤治療はめざましい発展をとげており、分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬など様々な治療法が行われ、著明にがんが縮小するなど、生命予後の改善効果が得られることが少なくありません。しかしながら、これらの治療中に命へ直結するような重大な副作用が発生することがあります。救急医療を担当する我々は、がんの治療を主に行う担当科の医師(内科・外科・泌尿器科・産婦人科など)と連携を密にして、最新の癌治療の知識を常にアップデートしながら、重篤な副作用に対してすぐに対応できる体制を整えていますので、治療中の患者さんにおかれましては発熱やだるさなどいつもと違う症状がみられた場合、救急外来への受診をためらわないようにしてください。
 また、癌や癌治療に伴う症状を和らげる緊急的な治療体制も整えております。この緊急的な処置をがん救急医療(Oncological Emergency)と呼びます。具体的には、癌そのものの増悪により臓器が圧迫されたり、閉塞されて起こるさまざまな症状に対してステントなどで閉塞を軽減したり、腫瘍からの出血にたいして放射線や内視鏡を用いて止血したり、さらには癌の進行によって生じるホルモンや電解質のアンバランスが引き起こす症状を薬物治療で緩和したりいたします。このがん救急医療(Oncological Emergency)の対象となる患者さんの大部分が緩和ケアの対象となりますので、我々救急医も、救命のための医療に固執せず、緩和的な視点も踏まえて院内の緩和ケアチームに所属し、緩和ケアについても多職種との連携を深めながら、診療・治療にあたってまいりたいと思います。
 当院は奄美2次医療圏の地域がん診療連携拠点病院として、日本外科学会専門医や日本癌治療認定医機構認定医の資格を有する医師ががんの治療を提供しておりますが、救命救急センターにおいても癌救急医療を熟知した日本救急医学会専門医がその治療に当たっています。地域住民の皆様に質の高いがんの医療が提供できるよう、これからも鋭意努力いたす所存でございますので、何とぞ一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

救命救急センター長 髙間 辰雄

臨床研修センターについて

臨床研修センター長(副院長) 満 純孝

 救命救急センターの開設と同時に4~6階に臨床研修センターが併設されています。研修医や看護師をはじめとしたコメディカルの訓練だけでなく、医学生や看護学生の教育にも使える様々なシミュレーターを備えています。

 医療に関係する様々な職種の皆さんが利用でき、また、宿泊施設も備えていることから島外からの研修も利便性が向上すると思います。自身のスキルアップや合同での研修会などにぜひ利用してください。

鹿児島県立大島病院 副院長 満 純孝

救命救急センターフロア図

フロア図

お見舞い案内

面会時間

11:00~13:00,15:00~16:30,18:00~20:00(面会時間が変更になりましたのでご注意ください。)

救命救急センター航空写真

救命救急センター外観

研修や施設利用に関する問い合わせ先

鹿児島県立大島病院 総務課

代表電話番号:0997-52-3611(内線 3312・3313)
E-mail: oshi-hossomuka@pref.kagoshima.lg.jp

テレビ放送の紹介

KTS:ピックアップかごしま 「県立大島病院救命救急センター運用開始」 として紹介されています。

         ピックアップかごしま 
          (カテゴリー 医療・福祉から検索してください。2016/10/19 リンク先確認)

救急車応需状況

応需状況令和2年度末まで 2

 

このページのTOPへ