鹿児島県大隅地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

手術・検査体験キッズセミナーの開催

  去る7月23日(土)大隅・肝属地域の中学生を対象に「手術・検査体験キッズセミナー」を開催しました。 子どもたちに大隅地域の中核病院である鹿屋医療センターに親しみを持ってもらうとともに,医療に興味を持ってもらい,将来,医師などの医療従事者を目指す動機付けの機会を提供することを目的に企画し,今年で4回目。 5中学校22名の男女が参加し,薬局や検査室,中央放射線部を見学した後,手術衣に着替え,鶏肉を使っての電気メスによる切開や手術糸による縫合,内視鏡操作やエコーによる腹部観察,心臓マッサージやAED操作の方法等を体験してもらいました。体験後,子どもたちから「普段できない体験ができ,とてもよかった。」「今回の体験で,医療に対する興味が深まった。」などの意見をいただきました。

  DSC02951  DSC02932

  P7230072  P7230071

 

新型MRI(磁気共鳴診断)装置(1.5テスラ)への更新

平成22年3月17日〜。
平成12年度に導入したMRIを新型MRIに更新し、平成22年3月17日から本格稼働しました。

【新型MRIのメリット】

  • 従来より高精度の画像を得ることができます。
  • 高速撮像技術により、多少の身体の動きについては画像データを補正することができます。
 

小児科医2人体制から3人体制に

平成22年12月1日から、常勤医の小児科医が3人体制となりました。
(小児科部長)

 

血液内科医2人体制に

平成22年2月1日〜。
常勤の血液内科医は、これまで1人でしたが、2月から2人体制になります。
大隅地域に多い白血病の治療をはじめ血液内科の専門的な治療を更に充実させたいと考えています。
(院長)

 

64列CTの導入・本格稼働

平成21年10月1日〜。
従来の4列(マルチスライス)CTを64列(マルチスライス)CTに更新し、平成21年10月1日から本格稼働しました。
【64列CTのメリット】

  • 薄いスライス厚の画像を、より広範囲、かつ、より高速に撮影できます。
  • 全身の骨・血管の3次元画像の作成や心臓・冠動脈の評価が可能です。
  • 症例によっては1回の検査で頭から足のつま先まで一気に撮影できます。
  • 症例によっては従来の心臓カテーテル検査をCT検査に振り替えることができますので、従来に比べ、患者さんの身体的な負担を軽減できる場合があります。
 


12 / 13 ページ
  • スタッフの募集
  • がん診療について
  • 地域医療支援病院
  • トピックス
  • 研修会情報
  • 病院情報誌
  • モバイルサイトはこちらから

このページのTOPへ