鹿児島県大隅地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

大隅地域がん緩和ケア研修会の開催

 去る9月18日・19日の両日,大隅地域で「がん診療」に携わる医師を対象にした「がん緩和ケア研修会」をリナシティかのやで,県外講師として佐賀大学医学部附属病院地域包括緩和ケア科の佐藤英俊先生を招いて開催しました。

 がん緩和ケア研修会は,地域のがん診療連携拠点病院が年1回開催することとされており,大隅地域では3回目の開催となりました。

 受講者15名の医師の皆様方には,がん性疼痛の治療法,オピロイド(医療用麻薬)の使用方法や患者・御家族への説明方法等についてロールプレイ等の演習形式を中心とする研修プログラムの中で長時間にわたって熱心に学習していただきました。

 

    JS19

 

つなげよう!命のリレーに参加しました。

 

平成23年9月17日(土)、鹿児島では5回目の開催となるがん患者さんとご家族を応援するイベントで,鹿屋医療センターも毎年参加しています。

 

場所:ウォーターフロントパーク(ドルフィンポート前芝生広場)

 


南日本新聞 平成23年9月18日
南日本新聞 平成23年9月18日

参加風景1

参加風景・集合写真

参加風景・集合写真

※クリックで拡大します。

 

手術・検査体験キッズセミナーの開催

  去る7月23日(土)大隅・肝属地域の中学生を対象に「手術・検査体験キッズセミナー」を開催しました。 子どもたちに大隅地域の中核病院である鹿屋医療センターに親しみを持ってもらうとともに,医療に興味を持ってもらい,将来,医師などの医療従事者を目指す動機付けの機会を提供することを目的に企画し,今年で4回目。 5中学校22名の男女が参加し,薬局や検査室,中央放射線部を見学した後,手術衣に着替え,鶏肉を使っての電気メスによる切開や手術糸による縫合,内視鏡操作やエコーによる腹部観察,心臓マッサージやAED操作の方法等を体験してもらいました。体験後,子どもたちから「普段できない体験ができ,とてもよかった。」「今回の体験で,医療に対する興味が深まった。」などの意見をいただきました。

  DSC02951  DSC02932

  P7230072  P7230071

 

産科診療体制の変更について

産婦人科の患者さんの増加に伴い、ハイリスク分娩等の母子の命にかかわる診療や、がん患者さんの診療が対応困難な状況となり、現在予約いただいている方を除き、平成23年4月1日から紹介患者さんのみの診療に変更いたしましたので、ご理解いただきますようお願いいたします。

  • 正常分娩や紹介状なしの産科受診の受付中止
  • 紹介患者さんのみの診療
 

新型MRI(磁気共鳴診断)装置(1.5テスラ)への更新

平成22年3月17日〜。
平成12年度に導入したMRIを新型MRIに更新し、平成22年3月17日から本格稼働しました。

【新型MRIのメリット】

  • 従来より高精度の画像を得ることができます。
  • 高速撮像技術により、多少の身体の動きについては画像データを補正することができます。
 


15 / 16 ページ
  • スタッフの募集
  • がん診療について
  • 地域医療支援病院
  • トピックス
  • 研修会情報
  • 病院情報誌
  • モバイルサイトはこちらから

このページのTOPへ