鹿児島県大隅地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

現在の診療状況と入院患者さんへのお見舞いについて

10月頃から新型コロナウイルス感染症の感染拡大が落ち着き,当院におきましても,新型コロナウイルス感染症陽性者への対応による診療業務への影響が緩和され,現在は通常どおりの診療を行っております。

 

しかしながら,県内はもとより,肝属地区でも新型コロナウイルス感染症の新規陽性者の発生は続いているため,引き続き,入院患者さんへの面会は禁止とさせていただきます。

これは,入院患者さんやスタッフへの感染を極力防止する観点からの対応ですので,御理解いただきますようお願いします。

 

また近頃は,全国的に新型コロナウイルス感染症の新規陽性患者が増える傾向にあり,報道等でも言われていますインフルエンザとの同時流行と併せて,当院としても感染拡大への対応を行う必要があるものと考えております。

 

今後,爆発的感染拡大に至った場合は,救急を含めた診療体制を確保するため,これまでのように,予定されていた緊急性の低い手術や定期検査などの一部について,時期の変更を個別にお願いすることも想定されています。

 

その際は,患者さんとその御家族,並びに地域の皆さまには,御心配と御迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが,引き続き大隅地域の二次救急体制の維持と,感染防止対策には十分努めて参りますので,御理解と御協力をいただきますよう,よろしくお願い申し上げます。

 

                        令和4年11月22日      

県民健康プラザ鹿屋医療センター 
院長  原口 優清

 

大隅緩和ケアネットワーク会開催の報告

大隅緩和ケアネットワークを2022年9月16日(金)にZoomを使用して開催しました。

「肝属・曽於医療圏の医療機関・福祉施設へのアンケート(ACP実施状況などの調査報告・若年末期

がん療養支援制度のアンケート調査報告)について」と題して当院の緩和ケア認定看護師 西小野が

報告し,大隅半島の病院・訪問看護ステーション・市町村・地域包括支援センターの参加者の皆様

(69名の参加者)と意見交換を行いました。

なお,肝属・曽於医療圏の医療機関・福祉施設へのアンケート(若年末期がん療養支援制度のアンケ

ート調査報告)は下記からご覧になれます。

 

若年末期がん療養支援事業アンケート調査結果

 

緩和ケア画像20220916 1
 

マイナ保険証の利用について

当院では,診療情報(受診歴,薬剤情報,特定健診情報その他必要な診療情報)を取得・活用することにより,質の高い医療の提供に努めています。

正確な情報を取得・活用するため,マイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。

 

当院は,医療情報・システム基盤整備体制充実加算の算定医療機関です。

令和4年10月1日より以下のとおり算定いたします。

 

初診時

 ・加算1 4点 

 ・加算2 2点(マイナ保険証を利用した場合)

   

 

 

ミツバツツジ寄贈について

令和4年3月12日、当院外科外来に通院中の野頭宏幸様よりミツバツツジを3本寄贈いただきました。

早速、院内の園庭に植樹し、多くの患者様やご家族などから好評をいただきました。

なお、4月15日には主治医の中島先生より感謝状をお渡しし、職員一同でお礼の言葉をお伝えしました。

 

人1
花C 花D
 

医師募集のお知らせ

募集概要

 

診療科 人員 応募資格 選考方法
消化器内科 2名

次の要件をいずれも満たす方

・医師免許取得後2年以上経過している方

・採用後、1年以上勤務できる方

・面接

・健康診断(書面)等

整形外科 2名
耳鼻咽喉科 2名
総合診療科 2名

 

 

 

 

 


1 / 13 ページ
  • スタッフの募集
  • がん診療について
  • 地域医療支援病院
  • トピックス
  • 研修会情報
  • 病院情報誌
  • モバイルサイトはこちらから

このページのTOPへ