鹿児島県 県立病院局は、県民の「安心」のため、地域医療に貢献します。

研修医の募集

研修プログラムのご案内

多くのへき地や離島を有する鹿児島県において、5つの県立病院は、地域の中核的医療機関として、地域医療を守る一翼を担っています。
当研修プログラムでは、これら県立5病院のほか、鹿児島大学病院、鹿児島市立病院、鹿児島医療センター及び南風病院など研修協力12病院等の特色・得意分野を活かし、へき地医療から高度・救急医療まで、地域医療の総合的な研修が可能です。
また、最大11か月の選択科目により、将来の目標に応じた専門的知識や技術を習得できるとともに、ICLSの資格取得や手技を中心とした研修医合同セミナーへの参加など、研修機会も充実している(全研修医)ことから、プライマリ・ケアに関する実践的な臨床能力を身に付けたい方にお勧めです。
さらに、大島病院には、平成26年6月から地域救命救急センターと同時に運用を開始した臨床研修センターがあり、本格的な臨床トレーニングのための医療シミュレーター等も整備しております。

地域医療に関心のある皆さん、一緒に汗を流しませんか。
私達は総力を挙げてサポートします。

事業管理者からのメッセージ

鹿児島県県立病院事業管理者福元俊孝

医師は生涯にわたって研鑽が必要な職業ですが、『鉄は熱いうちに鍛えよ』という諺があるように、この臨床研修期間は極めて重要な時期であると言えます。
皆さんが、この2年間、県立病院群プログラムで研修される中で、知識や技術の習得はもとより、医師としての人間性や社会性を高められることを期待します。
また、鹿児島を愛し、将来の鹿児島の地域医療を担う『熱いハートの医師』になって欲しいと心から願っています。

 

鹿児島県県立病院事業管理者 福元 俊孝

プログラムの名称及び募集内容等

  1. 鹿児島県立病院群 初期臨床研修プログラムA(定員:6名)
  2. 鹿児島県立病院群 初期臨床研修プログラムB(定員:4名)
  3. 鹿児島県立病院群 初期臨床研修プログラムC(定員:4名)

原則として、公募・採用決定については県の職員任用に関する規定によります。

このほか、『後期研修プログラム』もあります。

目的と特長

目的

初期臨床を基本とし、数多くの疾患に対処できる専門に偏しない第一線の臨床医を目指す機会であり、そのために必要な基礎知識、技術を学ぶとともに、全人的医療の観点から、臨床医としての人間性、社会的責任、態度、思考を身につけることを目的とします。

特徴
  1. 総合診療方式を基本とし、1年目は内科において広く基本的な疾患の診断及び治療を修得するとともに、救急部門研修としての麻酔科での研修を通じ、心停止など救急蘇生が必要な患者への処置等を全研修医が修得することとしています。
  2. 地域医療に従事できる医師を育成する本プログラムでは、外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科、地域医療などの複数臨床研修を行います。
  3. なお、選択科目を11か月間設定する(「専攻科」と本プログラムではいう。)中で、研修医一人ひとりに応じた研修プログラムを作り、先輩医師はもちろん病院職員が一丸となって提供します。

臨床研修協力病院・施設

県立大島病院を基幹型病院以下の病院・施設を協力病院・施設として研修を実施します。

1 鹿児島県立病院群 初期臨床研修プログラム A
  1. 鹿児島大学病院
  2. 奄美病院(精神科)
  3. 瀬戸内町へき地診療所
  4. 枕崎市立病院
  5. 兵庫県立淡路医療センター
  6. 県民健康プラザ鹿屋医療センター
  7. 県立薩南病院
  8. 県立北薩病院
  9. 県立姶良病院(精神科)
  10. 名瀬保健所
2 鹿児島県立病院群 初期臨床研修プログラム B・C
  1. 鹿児島大学病院
  2. 鹿児島医療センター
  3. 南風病院
  4. 鹿児島市立病院(救急分野を除く)
  5. 奄美病院(精神科)
  6. 瀬戸内町へき地診療所
  7. 枕崎市立病院
  8. 兵庫県立淡路医療センター
  9. 県民健康プラザ鹿屋医療センター
  10. 県立薩南病院
  11. 県立北薩病院
  12. 県立姶良病院(精神科)
  13. 名瀬保健所
  14. 鹿屋保健所
  15. 加世田保健所
  16. 姶良保健所

教育課程の期間割(標準型)

1 鹿児島県立病院群 初期臨床研修プログラムA (定員6名)[奄美大島完結 or 鹿大病院選択]
1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科
(6月)
救急分野
(3月)

選択必修科
(2月)
精神科
(1月)
大島病院 選択
2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域医療
(1月)
専攻科
(11月)
選択 選択
  1. 基幹型病院(大島病院)での研修期間 11月~23月
  2. 選択必修科:小児科、外科、産婦人科から選択
  3. 精神科:奄美病院、姶良病院のいずれか1か所を選択
  4. 地域医療:瀬戸内町へき地診療所、枕崎市立病院、大島病院、鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院のいずれか1か所を選択
  5. 専 攻 科:鹿児島大学病院、大島病院から1~2か所を選択。このほか兵庫県立淡路医療センターでの研修も可能(ただし、兵庫県立淡路医療センターでの研修期間は1か月以内とする。)
    また、1か月以内で名瀬保健所での「地域保健」研修も可能。
2 鹿児島県立病院群 初期臨床研修プログラムB(定員4名)
[大島病院 → 本土「県立病院+協力病院」]
1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科
(6月)
救急分野
(3月)

選択必修科
(2月)
精神科
(1月)
大島病院 選択 選択
2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
地域医療
(1月)
専攻科1
(3月)
専攻科2
(8月)
選択 選択 選択
  1. 基幹型病院(大島病院)での研修期間 9月~12月
  2. 選択必修科:小児科、外科、産婦人科から選択
    小児科:大島病院、鹿屋医療センター、北薩病院 、鹿児島医療センターのいずれか1か所を選択
    外科:大島病院、鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院、鹿児島医療センター、南風病院のいずれか1か所を選択
    産婦人科:大島病院、鹿屋医療センターから選択
  3. 精神科:奄美病院、姶良病院のいずれか1か所を選択
  4. 地域医療:瀬戸内町へき地診療所、枕崎市立病院、大島病院、鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院のいずれか1か所を選択
  5. 専攻科1鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院、姶良病院から1か所を選択
  6. 専攻科2:大島病院、鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院、姶良病院、鹿児島大学病院、鹿児島医療センター、南風病院、鹿児島市立病院から選択する。(ただし、県立病院以外の医療機関は1か所とする。また、鹿児島市立病院での研修は救急部門を除く診療科を選択可能(3か月以内))このほか、兵庫県立淡路医療センターでの研修も可能(1か月以内)また、1か月以内で保健所での「地域保健」研修も可能(研修できる保健所は、名瀬保健所、鹿屋保健所、加世田保健所、姶良保健所とし、宿舎確保の観点から県立病院での研修中または研修翌月に最も近い保健所での研修とする。)
3 鹿児島県立病院群 初期臨床研修プログラムC(定員4名)
[本土「県立病院+協力病院」 → 大島病院 → 本土「県立病院+協力病院」(大島も可)]
1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科
(6月)
選択必修科
(2月)

精神科
(1月)
救急分野
(3月)
選択 選択 選択 大島病院
2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
専攻科1
(5月)
地域医療
(1月)
専攻科2
(6月)
大島病院 選択 選択
  1. 基幹型病院(大島病院)での研修期間8月~17月
  2. 内科:鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院のいずれか1か所を選択
  3. 選択必修科:小児科、外科、産婦人科から選択
    小児科:大島病院、鹿屋医療センター、北薩病院 、鹿児島医療センターのいずれか1か所を選択
    外科:大島病院、鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院、鹿児島医療センター、南風病院のいずれか1か所を選択
    産婦人科:大島病院、鹿屋医療センターから選択
  4. 精神科:奄美病院、姶良病院のいずれか1か所を選択
  5. 地域医療:瀬戸内町へき地診療所、枕崎市立病院、大島病院、鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院のいずれか1か所を選択
  6. 専攻科2:大島病院、鹿屋医療センター、薩南病院、北薩病院、姶良病院、鹿児島大学病院、鹿児島医療センター、南風病院、鹿児島市立病院から選択する。(ただし、県立病院以外の医療機関は1か所とする。また、鹿児島市立病院での研修は救急部門を除く診療科を選択可能(3か月以内))このほか、兵庫県立淡路医療センターでの研修も可能(1か月以内)また、1か月以内で保健所での「地域保健」研修も可能(研修できる保健所は、名瀬保健所、鹿屋保健所、加世田保健所、姶良保健所とし、宿舎確保の観点から県立病院での研修中または研修翌月に最も近い保健所での研修とする。)
全プログラム共通

※当プログラムにおいては、2年間を通して週1回以内の宿直及び月1回以内の日直も勤務させる。
※救急分野(3月)は救急科所属とし麻酔科での研修も含むものとする。
※上記研修プログラムの内容について、厚生労働省へ申請中。
※研修プログラムの診療科については、研修期間中本人の要望に応じて各種条件を満たせば、変更も可能です。

研修医の処遇

 (H29.7更新)

身分 非常勤職員(月20日勤務)
給与 1年次  426,000円(宿日直手当含む)
2年次  466,000円(宿日直手当含む)
諸手当 宿直日直手当 19,000円/回(月4回程度)
加入保険 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険、病院賠償責任保険
休暇 1年次:10日、2年次:11日
健康診断 1回/年
宿舎 有り
医師賠償責任保険 個人負担
外部研修に関する費用補助 有り

※Aプログラムのうち、鹿児島大学病院での研修期間は鹿児島大学病院の規定による処遇となる場合があります。
※B・Cプログラムのうち、鹿児島市立病院、鹿児島医療センター及び南風病院で研修する際の宿舎については、個別に調整することとなります。

 

応募について

応募資格

次の要件を満たしている者

1 第112回医師国家試験を受験予定の者又は医師免許取得後、臨床研修を受けていない者

2 医師臨床研修マッチング協議会が行うマッチングシステムに参加する者

 

応募書類

臨床研修申込書(履歴書)の様式は下記からダウンロードしてください。

pdfH30臨床研修申込書(履歴書)(PDF)83.83 KB

 

応募方法

応募書類を下記応募先(県立病院課経営企画班)へ郵送してください。
なお、応募者に対しては面接を実施します。(鹿児島県庁で実施予定)

応募受付・面接 1回目:平成29年7月26日(水) (応募締切:平成29年7月19日(水))
2回目:平成29年8月7日(月) (応募締切:平成29年7月31日(月))
※上記以外でも可能な限り対応しますので,ご相談ください。

 

病院見学等

研修医を募集するにあたり、5つの県立病院では、それぞれ病院見学を随時受け入れております。
ご希望の方は、各県立病院総務課担当、または県立病院課経営企画班までお問い合わせください。

 

応募・問合せ先

県立大島病院(基幹型病院)

所在地:〒894-0015 鹿児島県奄美市名瀬真名津町18-1
担当:総務課総務係長 濵田 和幸(はまだ かずゆき)
電話:0997-52-3611
FAX:0997-53-9017
メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください


県民健康プラザ鹿屋医療センター(協力病院)

所在地:〒893-0013 鹿児島県鹿屋市札元1丁目8-8
担当:総務課総務係長 馬込 伸一(まごめ しんいち)
電話:0994-42-5101
FAX:0994-44-3944
メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください


県立薩南病院(協力病院)

所在地:〒897-1123 鹿児島県南さつま市加世田高橋1968-4
担当:総務課総務係長 森山 隆(もりやま たかし)
電話:0993-53-5300
FAX:0993-53-6764
メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください


県立北薩病院(協力病院)

所在地:〒895-2526 鹿児島県伊佐市大口宮人502-4
担当:総務課総務係長 末吉 浩一(すえよし ひろかず)
電話:0995-22-8511
FAX:0995-22-6783
メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください


 

県立姶良病院(協力病院)

所在地:〒899-5652 鹿児島県姶良市平松6067
担当:総務課総務係長 篠原 格(しのはら いたる)
電話:0995-65-3138
FAX:0995-65-8044
メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください


 

鹿児島県 県立病院局 県立病院課 経営企画班

所在地:〒890-8577 鹿児島県鹿児島市鴨池新町10-1
担当:森 千寿(もり ちとし)
電話:099-286-2820
FAX:099-286-5566
メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

このページのTOPへ