鹿児島県大隅地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

病院の沿革

当院は、大正5年2月鹿屋町立鹿屋病院として開設され、その後昭和20年6月日本医療団鹿屋地方病院として統合、昭和24年12月鹿児島県立鹿屋病院として県に移管された。
県に移管されてからの主要な沿革は、次のとおりです。

昭和24年12月 日本医療団から移管され、鹿児島県立鹿屋病院として発足(定床32床)
昭和27年12月 鹿屋市新生町に新築移転(定床24床)
昭和28年4月 鹿屋産院(助産施設)を併設
昭和30年2月 病院開設変更許可(病床220床)
昭和40年3月 厚生医療及び育成医療病院として指定
新病院建設工事完成(旧病院 鹿屋市打馬)
昭和40年5月 基準看護(1、2類)基準給食、基準寝具設備実施承認
昭和43年4月 病床種別変更(結核病床46床を一般病棟に)
昭和44年6月 救急病院指定(2次)
昭和47年2月 一般病棟の特類看護実施承認
昭和49年10月 基準看護(一般特2類)実施承認
昭和49年11月 基準看護(結核1類)実施承認
昭和53年1月 病床種別変更5階病棟改装工事(結核病床42床を一般病床に)
昭和53年7月 基準看護(結核特2類)実施承認
昭和55年10月 総合病院と称することを承認される
昭和61年9月 基準寝具のうち病衣実施承認
平成3年8月 基準看護(産婦人科特3類)の実施承認
平成6年10月 新看護(一般2.5対1A、13対1看補)の実施承認
平成8年4月 5病棟を4病棟に再編(結核病棟廃止、許可定床208床、運用180床)
平成8年7月 新看護(一般2対1看護)の実施承認
平成9年3月 災害拠点病院及びエイズ治療拠点病院に指定
平成10年7月 新病院建築工事着工(鹿屋市札元一丁目)
平成12年1月 新病院建築工事竣工
平成12年5月 新病院へ移転
新病院にて診療開始
平成13年1月 眼科休診
平成13年4月 県立鹿屋病院から「県民健康プラザ鹿屋医療センター」に名称変更
平成13年12月 専門外来「女性のための女医外来」を開設(平成15年6月末で休診)
平成14年3月 第二種感染症指定医療機関(4床)に指定
平成14年7月 へき地医療拠点病院に指定
平成18年7月 整形外科休診
平成18年9月 地域医療支援病院に指定
平成18年12月 一般病床入院基本料(7対1看護)の実施承認
平成20年2月 地域がん診療連携拠点病院に指定
平成20年4月 耳鼻咽喉科休診
平成21年3月

地域周産期母子医療センター認定

平成22年4月 

地域医療連携室設置

平成22年5月

鹿児島県災害派遣医療チーム(鹿児島県DMAT)の指定病院に指定

平成22年7月 DPC対象病院
平成23年5月 病院機能評価(Ver.6)認定
平成23年8月 電子カルテ、オーダリングシステム稼働
平成26年4月 眼科廃止
平成28年5月 病院機能評価(一般病院2)認定
 

このページのTOPへ