鹿児島県大隅地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

中央放射線部

機器のご紹介

一般撮影装置

一般撮影装置 一般撮影装置 映像 2台設置。
X線検査において使用頻度の高い装置で、簡便かつ迅速に画像情報が提供できるため、最初の診断に用いられます。
胸部・腹部・頭部等その他全身骨の撮影に使用されます。

乳房撮影装置

乳房撮影装置 乳房撮影装置 映像 1台設置。
乳房撮影(マンモグラフィー)をおこなうための専用装置。乳がんをはじめ、乳房にできる病気をほとんど見つけることができ、しこりとして触れないごく早期の乳がんや微小な病変を検出することが可能です。

X線TV装置

X線TV装置 X線TV装置 映像 2台設置。
透視下による消化管撮影のほか、内視鏡領域や外科的処置を含め多種の検査に使用されています。
フラットパネルディテクターを搭載した装置で、従来の装置に比べ画像の歪みがなく、高画質・低被曝の利点を備え、しかも視野サイズが広く腹部全体を観察できます。

全身用CT装置

全身用CT装置 全身用CT装置 映像 1台設置。
X線検出器が64列配列されたMDCT(Multi Detector-row CT)で全身各部の疾患に使用されます。
1回転の撮影により128枚の画像を再構成できる性能を持ち、短時間での撮影が可能で呼吸を長くとめられない方でも短時間できれいな画像を得ることができます。
頭蓋内病変の検査、胸部、上腹部及び婦人科領域や上下肢等を含めた総合診断のために用いられており、3D画像処理装置も兼ね備え、血管・各種臓器・心臓等の3D解析画像を得られます。

血管撮影装置

血管撮影装置 血管撮影装置 映像 1台設置。
心臓冠動脈や末梢の血管撮影に使用されます。
急性心筋梗塞等の疾患をカテーテルや血栓溶解剤を用いて血管内治療なども行っています。

IVRアンギオシステム

IVR-CT装置 IVR-CT装置 映像 1台設置。
血管撮影装置でCT用画像も撮影できます。頭部・胸部等の血管を撮影し診断・治療を行っています。

MRI装置

MRI装置 MRI装置 映像 1台設置。
超伝導電磁石1.5Tを用いた装置で、全身各部の疾患に使用されます。
X線を使用しておらず、放射線による被曝がありません。
頭蓋内病変の検査、胸部、上腹部及び婦人科領域や上下肢等を含めた総合診断のために用いられ、頭部を含めた全身血管撮像(MRA)や胆道膵管撮像(MRCP)などもおこなわれています。

RI装置

RI装置 RI装置 映像 1台設置。
放射性医薬品を体内に投与し、悪性腫瘍などの鑑別診断、心臓・脳・その他各種臓器の機能診断に使用されています。

放射線治療装置

synergy hexa pod 1台設置。装置名:ELEKTA社製Synergy
特徴は腫瘍位置,腫瘍の形態に合わせて,3種類のX線エネルギー(4610MV)を使い分けて,最適な治療を提供できます。
また,当院では画像誘導放射線治療(IGRT)を実施しています。
IGRTとは,治療直前に治療部位のCT画像やX線画像を撮影し,位置のずれ量を算出し㎜単位で位置の修正を行う高精度放射線治療技術です。位置照合装置として当院では,6軸補整機能付きの寝台を採用し,高精度治療を実施しています。

詳細はこちらへ

移動用X線撮影装置

移動用X線撮影装置 2台設置。
手術中の撮影や手術直後の手術室内での撮影、また、撮影室までの移動が非常に困難な場合の病室内での撮影に使用されています。

画像処理装置(ワークステーション)

画像処理装置(ワークステーション) 画像処理装置(ワークステーション)2 3台設置。
CT・MRI・血管撮影装置とそれぞれ連携しており、各装置の撮影データをもとに3D画像の構築や解析処理に使用されています。

詳細はこちらへ

 

このページのTOPへ