鹿児島県大隅地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

リハビリテーション部

理念

医師の指示のもとに,患者様の機能回復・維持・増進に責任を持ち,一人一人を大切にするリハビリテーション部を目指します。

方針

  • 安全で根拠に基づいたリハビリテーションを行います。
  • 患者様の満足度向上に努めます。
  • 他部署及び地域との連携の充実・協力に努めます。
  • 専門職として自己研鑽に努めます。

ごあいさつ・業務案内

ご挨拶

riha 193143   鹿屋医療センターは二次救急医療を中心に高度医療や専門医療、地域特有の必要性に応じた医療を提供していることから、リハビリテーション部では可及的早期から治療に介入し、機能回復、合併症・機能障害・廃用予防に取り組んでおり、それぞれの疾患別リハ基準を取得して、患者様のニーズにあったリハビリテーションの提供に努めています。

リハビリテーション室長 森薗 真吾

脳血管疾患等リハ

脳血管障害による運動麻痺等の機能障害に対して実施。

脳血管疾患等リハ(廃用症候群)

安静による長期臥床に伴う筋力低下等の機能障害(廃用症候群)に対して実施。

運動器リハ

整形外科疾患に伴う関節可動域障害や筋力低下等の機能障害に対して実施。

呼吸器リハ

肺炎、無気肺に伴う急性呼吸機能障害や慢性呼吸不全に対して実施。

また、がん患者の手術前後に対しても呼吸リハビリを実施。

心大血管疾患リハ

急性心筋梗塞、狭心症、慢性心不全など、心大血管疾患により、呼吸循環機能の低下や日常生活能力の低下を来たしている患者さんに対して、リハビリを実施。

がん患者リハ

がん治療のため、手術・放射線治療・化学療法が行われる患者さん、または行われた患者さんに対して、運動器の低下や生活機能の低下予防・改善を目標として、リハビリを実施。

また、在宅における緩和ケア主体の患者の支援も行っています。

 

施設基準

  • 脳血管疾患リハ II
  • 呼吸器リハ I
  • 運動器リハ II
  • 心大血管リハ I
  • がん患者リハ

スタッフ

理学療法士 3名
作業療法士 1名
言語聴覚士 1名
助手 1名
認定士

呼吸療法認定士
心臓リハビリテーション指導士

 

このページのTOPへ