鹿児島県姶良地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

看護部

安全への取組

県立姶良病院の医療安全を確保するために医療安全管理室を設置しています。
医療安全管理委員会のもと、病院内の状況を把握し、分析・対策を立てることで自己等を未然に防止できるようなシステムの構築に努めています。

運営方針

多職種で協働し、患者さんやご家族へ安全・安楽な医療を提供します。

活動内容

1 事故防止に関すること
 ・報告書を分析し対策を現場へフィードバックすることで事故防止に繋げます。
 ・情報は「医療安全情報」「医療安全速報」を発行し職員へ周知しています。
 ・院内ラウンドを行い、マニュアルの周知(または改定)・現場での指導を行っています。

2 院内の事故に関すること
 ・状況の確認、患者さんへの対応確認、状況に応じた指導を行います。
 ・診療録や看護記録等への記載の確認及び指導を行います。
 ・対応策や改善策の検討、必要があれば病院全体へ周知します。
 ・原因究明・改善策の確認や必要な指導を行います。

3 感染症予防対策に関すること
 ・感染報告や院内ラウンド・サーベイランス等で状況を確認し、現場での対策(マニュアルの周知)・指導、評価を行います。(消毒液による環境整備の徹底等)
 ・院内・院外の情報は「感染症情報」等で職員へ周知しています。

4 褥瘡等予防対策に関すること
 ・定期的に,患者さんの状態の評価・対策を行い、褥瘡発生や誤嚥防止に努めています。
 ・委員会の中で、事例を挙げ多職種でのカンファレンスを行っています。

5 職員の教育・研修に関すること
 ・基本的な考え方や具体的方策について職員に周知徹底を行い、安全に対する意識の向上や業務の遂行
  につながるような研修会を企画・実施します。

 

27annzen02「医療版失敗学」研修会
      

 

このページのTOPへ