鹿児島県大隅地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

産科・婦人科

診療科と医師のご紹介

当医療センター産科・婦人科は,両科併せて病床27床を備えており,産科領域では主にハイリスク妊娠や母体合併症を伴う妊娠管理および胎児疾患を伴う妊娠管理を,また婦人科領域においては子宮筋腫などの良性疾患をはじめ,子宮外妊娠・卵巣腫瘍茎捻転・卵巣出血など緊急を要する疾患への対応,婦人科悪性疾患の診療まで,幅広く高度医療の担い手として地域への貢献を目指しております。

 

現在,医師2名にて対応しておりますが,高度医療という特性上,疾病の内容によっては対応や説明に時間を要する状況もある中で,突発的に別個に緊急事態が発生したり救急搬送受け入れ要請があることもしばしばです。外来診療を完全予約制にすることで何とか対応しておりますが,外来/入院患者数・手術件数ともに年々増加している状況において限られたマンパワーの中で質の高い医療を維持するために,産科・婦人科ともに原則として他施設より紹介された患者様に限定して診療させて頂いております。

 

なお,これまで対応困難であった胎児心エコーをはじめとした胎児診断や機能評価,周産期マネジメントにおきましては,2012年4月より特に力を入れて対応しておりますが,今後の人員の異動によっては継続困難な可能性もあります。

スタッフのご紹介

 

折田有史

氏名 折田 有史
役職 産科部長兼婦人科部長
医師免許取得日  平成19年4月11日
 資格 日本産婦人科学会産婦人科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会医
氏名役職医師免許取得日 
春山 真紀 医長 平成22年4月2日

診療実績(平成26年4月~平成27年3月)

外来

新患 779名
うち紹介患者 736名
再診 7,049名
合計 7,828名
1日平均外来患者数 32.1名
救急外来時間内 55名(救急車33台)
救急外来時間外 265名(救急車61台)
救急外来総数 320名(救急車94台)
外来化学療法 61件

入院(産科・婦人科27床)

産科
分娩  195件
帝王切開術 88件(緊急帝王切開術38件)
帝王切開率43.2%
手術件数 88件(帝王切開術88件)                                
婦人科
手術件数 210件
(腹式子宮全摘出術67件、膣式子宮全摘出術14件、子宮悪性腫瘍手術8件、子宮付属器悪性腫瘍手術2件、付属器切除術・核出術40件、円錐切除術14件、子宮外妊娠手術6件 等)
入院化学療法 145件
放射線療法 9件

救急搬送

当院より救急車搬送 23件(産科19件、婦人科4件)
【搬送先内訳】
鹿児島大学病院10件(うち婦人科3件)
鹿児島市立病院  6件(うち婦人科0件)
その他              7件(うち婦人科1件)
当院よりドクターヘリ搬送

5件(産科5件、婦人科0件)
【搬送先内訳】
鹿児島大学病院 1件(うち婦人科0件)
鹿児島市立病院  4件(うち婦人科0件)

 

このページのTOPへ