鹿児島県大隅地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

外科・消化器外科

診療科と医師のご紹介

当科では主に消化器・乳腺・甲状腺の腫瘍性疾患や胆嚢結石や鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)などを主に扱っています。 
鹿児島大学の協力により呼吸器外科、肝臓外科、乳腺外科の専門外来も毎週または隔週で開いています。
さらに、地域医療支援病院・へき地医療支援病院として地域の医療機関と連携を図り、災害拠点病院として様々な企画運営等にも参加しています。

診療体制

当科の常勤医師は4名で,水曜日を除く月曜から金曜日まで外来診療を行っています。
また、化学療法認定看護師、がん疼痛緩和ケア認定看護師を中心に薬剤師やリハビリを含めた多職種で話し合いながら外来化学療法やがん緩和ケアを、皮膚排泄ケア専門認定看護師とストーマ(人工肛門)外来を行っています。

手術

消化器を含めた癌手術の他、胆嚢摘出術や鼠径ヘルニア手術など低侵襲を目指して鏡視下手術を第一選択として行っています。 手術は令和2年には年間180例施行しました。 そのうち、食道・胃・大腸・胆嚢・ヘルニアなど83例に鏡視下手術を施行しています。 また、小児外科医主導のもとに小児の手術にも関わっています。
他に急性胆嚢炎などに対する経皮的胆嚢穿刺ドレナージ、口から栄養がとれない方へ内視鏡を利用した胃瘻造設(ペグ)、抗がん剤点滴や長期的に点滴がh必要な方への皮下埋め込み型ポート留置術を行っています。

がん診療

消化器がん・乳がんを中心に患者さんの病状・年齢・全身状態・生活状況に応じて,入院・外来での化学療法および放射線科と連携した化学放射線療法を行っています。 また,麻酔科医師らと連携した緩和ケアにも力を入れています。 

検査

また、検査・処置としては,内視鏡検査(食道から胃十二指腸までの上部消化管、大腸)、造影剤を使った胃や大腸検査(胃透視・注腸透視)、超音波を使った腹部・乳腺・甲状腺検査(エコー検査)を行っています。 また、非常勤消化器内科医により消化管超音波内視鏡検査、内視鏡下逆行性胆管膵管造影、腫瘍による通過障害にたいするステント留置術を施行しています

スタッフのご紹介

原口 優清

氏名 原口 優清
役職 院長
医師免許取得年月日 昭和58年6月8日
資格

日本外科学会認定医
日本外科学会外科専門医
日本外科学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本医師会認定産業医
TNT(日本静脈経腸栄養学会)
新臨床研修指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者研修終了
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定指導医

G1

氏名 中島 三郎
役職  外科部長
医師免許取得年月日 平成3年5月23日
資格 日本外科学会外科専門医
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会消火器がん外科治療認定医
日本がん治療認定機構がん治療認定医

G2

氏名 上木原 貴仁
役職  消化器外科部長
医師免許取得年月日 平成11年4月30日
資格

日本外科学会認定医
日本外科学会外科専門医

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会終了医

臨床研修指導医

G3

氏名 小倉 佑太
医師免許取得年月日 平成23年4月1日
資格 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本癌治療認定医機構がん治療認定医
TNT(日本静脈経腸栄養学会)
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会終了医
初期臨床研修指導医
日本ヘリコバクター学会認定医

診療実績(令和3年1月~令和3年12月)

当院外科は、外科的治療、化学療法を主に行っております。地域医療機関からの患者さんを紹介して頂き、大隅地区の中核病院として地域医療に貢献するように心がけております。

手術件数

全身麻酔、硬膜外麻酔下手術症例 395例
局所麻酔症例 1例

疾患別手術件数

 病気手術例鏡視下手術


食道癌 1例  
胃癌 3例 6例
結腸癌 2例 15例 
直腸癌 1例 6例
胆嚢癌    
膵臓癌(体尾部切除)    
脾臓腫瘍    
胆嚢摘出術 3例 38例 
穿孔性腹膜炎 3例  
腸閉塞 5例 4例 
バイパス手術 2例 4例 
試験開腹 1例 2例 
腹腔内腫瘍 1例  
人工肛門造設 4例 7例
人工肛門閉鎖

1例

 

甲状腺腫瘍

7例  
頚部腫瘍    
乳癌 14例  
虫垂炎   24例
腹壁瘢痕ヘルニア 1例 2例 
鼠径ヘルニア 18例 31例
大腿ヘルニア    
自然気胸    
うち小児外科手術   60例 

                                                      

 

このページのTOPへ