鹿児島県 県立病院局は、県民の「安心」のため、地域医療に貢献します。

メッセージ:北薩病院

一歩ずつ、確実に学んでいく。

1年目研修医 日高 将気(平成29年度~30年度)

日高将気

平成29年3月に自治医科大学を卒業しました。
研修医1年目、また社会人1年目として新鮮な気持ちで研修をさせていただいています。

 

私の研修プログラム ~ 北薩病院での研修を選んだ理由 ~

私は平成29年4月から12月まで北薩病院、平成30年1月から3月まで大島病院、4月から7月まで鹿児島大学附属病院、そして8月から平成31年3月まで再度大島病院を研修病院とし、そのうち1月を瀬戸内へき地診療所での研修を希望しました。
私は医学生時代半ばから片頭痛を患ってしまい、一時は日常生活に差し支えるほどコントロール不良な状態でした。卒後、研修医として現場で基礎から学んでいくことはもちろん、片頭痛と付き合いつつ、これから必要な体力・体調を整えてなければならないことに不安を感じていました。そんな私を配慮して、勧めていただいた研修病院が北薩病院でした。
今は内科を研修させていただいていますが、知識と技術の学習のみならず自身の体調面も無理なく整えられています。これまで処置や検査が上手く出来ないことも何度もありました。でもそれを糧に学び考えて、次に繋げる時間の余裕は十分にありますので、北薩病院を研修病院に選んで本当に良かったと思っています。

 

1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科 小児科 精神科 救急分野(救急科)
北薩病院 姶良
病院
大島病院
2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
病理診断科 産婦人科 産婦人科 放射線科 地域
医療
整形外科
鹿大病院 大島病院 瀬戸内
診療所
大島病院
1日の研修スケジュール

朝、上級医とチェックを行った後、入院患者の診察を行います。
そして曜日によっては午前中に新患の外来診察、また上部・下部内視鏡検査、エコー検査、そして各種処置をさせていただいています。午後は再度上級医と病棟患者のチェックを行い、その際午前中に行った診察や検査について気になった点を確認。その後はカルテを書いたり、気になった点を調べたりしています。

休日の過ごし方

平日や休日の当直に臨むために、温泉に入りにいったりしてゆっくりと休ませていただいています。伊佐市は静かで過ごしやすいですよ。

医学生に一言

「毎日へとへとになる位走り回って、浴びるように多くの症例を経験する。」
意欲ある医学生の皆さんは、研修医1年目からそうして学んでいきたいと考えている方も多いと思います。
北薩病院は上級医との距離も近く、また他の科の先生方やコメディカルの方々とも交流がしやすい環境にあります。ですから、目の前の機会を逃さない気概を持って自分から身を乗り出して多くのことを経験していくという学び方も出来ます。
それだけでなく、今の私のように一つ一つを確実にこなしつつ、少しずつ手を広げていきたい、そういう学び方も出来ます。
研修の幅が広い北薩病院を、是非考えてみてはいかがでしょうか。

 


元研修医からのメッセージ

上村 英里 医師(平成20年度北薩病院で研修)

米澤 英里

私は、鹿児島県立病院群初期臨床研修の中で1年目の研修を北薩病院で過ごしました。
病床数は少ないですが、その分スタッフ同士の顔が見えてアットホームな雰囲気で研修できます。また、1年間で研修医が経験すべき疾患や検査、手技の8~10割を経験することができ、幅広く勉強できました。3年目も、1年間この病院で内科の実務研修を受けました。
プライマリ・ケアを現場で学びたい方、より実践的な臨床能力を身につけたい方にはおすすめです。


指導医からのメッセージ

鹿児島県立北薩病院 副院長兼小児科部長 福重 寿郎

福重寿郎

当院小児科は外来患者数が多く、鹿児島県内の公立研修病院の中では、小児の一次医療を診る機会の最も多い病院のひとつです。子育て支援の手厚い地域でもあり、子育て相談会や小児蘇生講習会等、行政や子育て支援センター、発達支援センターと連携しながらのイベントも多くあります。初期研修の間しか小児を診る機会がない人、当直勤務の時だけ診る可能性がある人、これから小児科医を目指していく人、様々なかたちがある中で、「プライマリーケアーを重点的に見てみたい」という方にとって、充実した研修ができると思います。

県立病院合同研修会の様子
平成26年度 県立病院合同研修会の様子(於:県立北薩病院)

 

このページのTOPへ