鹿児島県南薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

フラワーアレンジメントで笑顔いっぱいいただきました

10月13日の松実会は、フラワーアレンジメントでした。
先生は薩南病院の師長さん、生徒は患者さんやご家族、ボランティアの面々です。
素材は、病院のまわりの自然から頂戴したドングリやヤマブドウの枝、色んな花や実を付けた名も知らぬ野草たちが主役です。もちろん、これだけではちょっと地味なので、菊やリンドウ、吾亦紅(ワレモコウ)など秋の花も仲間に入りました。

 

そして、欠かせないのが「ひこばえ」の稲穂です。薩南病院のある南さつま市では、早期米が主流ですので、10月にはあちこちの田んぼで「ひこばえ」が黄金色に染まりながら実っています。モミから芽を出し成長して刈り取られ、再び切り株から芽を出し実る「ひこばえ」に命の強さを感じます。

 

テーブル一杯に準備された秋満載の素材を、参加者それぞれのアレンジで素敵な作品に仕上げていかれます。一本挿して右左から確認、また一本挿しては右左という具合に取り組む方、勢いでどんどん挿していく方、色の配置や仕上がり具合も千差万別。フラワーアレンジメントで性格占いができたら面白いでしょうね。
皆さん、本当に楽しそうにおしゃべりしながら和気あいあい。でも、目は真剣です。足して抜いてまた足してようやく完成、そしてニッコリ。今回も素敵な笑顔があふれた松実会でした。

 

フラワーアレンジメント

参加者それぞれのアレンジで素敵な作品が出来ました

 

フラワーアレンジメント 完成品

立派な作品が出来ました!

 
Powered by mod LCA
  • スタッフの募集
  • がん診療について
  • 松実会について~がん患者と家族の会
  • トピックス
  • 病院情報誌
  • モバイルサイトはこちらから

このページのTOPへ