鹿児島県南薩地域の皆さまが安心して暮らせ、心の支えとなる病院を目指します。

平成24年度「松実会」の4~6月の活動報告!

第54回松実会

日時 平成24年4月12日(木) 10:00~12:00
場所 玄関ロビーと栄養指導室
テーマ ミニコンサート(クラリネット)、語り合い

内容

鹿児島市内の「アンサンブル南星」という社会人吹奏楽団で一緒に演奏をされているメンバーの中で、クラリネットのメンバー「クラリネットアンサンブル(goodgood:グーグー)のみなさんの御協力をいただき開催することができました。
このgoodgood の名前は、歌手の小泉今日子が主演していた「グーグーだって猫である。」という映画の猫の名前から決められ、さまざまな施設や学校で慰問演奏を行うなど、幅広く活動をおこなっていらっしゃいます。
プログラムは、「見上げてごらん夜の星を」や「クラリネットをこわしちゃった」など10曲で、本格的な音楽鑑賞の場となり、最後に「ふるさと」を演奏していただき、なつかしい「ふるさと」を想いながら参加者全員で合唱しました。
また、演奏終了後は、演奏していただいたみなさんと「語り合う」ことができました。

第54回松実会イメージ01第54回松実会イメージ02

第55回松実会

日時 平成24年5月10日(木) 10:00~12:00
場所 玄関ロビーと栄養指導室
テーマ 花札、語り合い

内容

入院患者さんとその家族や外来患者さんとともに、「花札遊びと語り合い」を行いました。
参加者のみなさんの中には、「花札先生」が沢山おられ、素敵な札さばきを披露する場面もあり、とっても楽しいひとときを過ごすことができました。
また、花札が終わった後は、参加者で楽しく花札勝負の分析に花が咲きました。
しばし「そうか~そうか~!」とうなずく方がいらっしゃるなど、花札の奥深さを知ることができる機会となりました。

第55回松実会イメージ01第55回松実会イメージ02

第56回松実会

日時 平成24年6月14日(木) 10:00~12:00
場所 正面玄関前
テーマ 砂像の制作、語り合い

内容

入院患者さんとその家族や外来患者さんとともに、「砂像」作りを行いました。
今回も、日本砂像連盟のみなさんや南さつま市商工観光課のみなさんの御協力をいただき、3日間の制作日程で完成することができました。
今回の砂像のテーマは、「宝玉と龍」で、幸せと元気と希望のつまった宝玉を龍が抱いて守っているものです。
松実会では、ロンドンオリンピックや、患者さんと家族にエールを贈るために、「聖火・表彰台・ランナー・五輪の輪」を、砂像製作のボランティアのみなさんの指導のもとに、ロンドンオリンピックに夢をはせながら、「おそる・おそる」丁寧に作成いたしました。
また、砂像を作成した後は、なかなか体験することがなく、難しかった話などを話題にして語り合いを行いました。

第56回松実会イメージ01第56回松実会イメージ02

 
Powered by mod LCA
  • スタッフの募集
  • がん診療について
  • 松実会について~がん患者と家族の会
  • トピックス
  • 病院情報誌
  • モバイルサイトはこちらから

このページのTOPへ